孫正義の名言|7割の成功率が予見できれば投資すべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

5割の確率でやるのは愚か。9割の成功率が見込めるようなものはもう手遅れだ。7割の成功率が予見できれば投資すべきだ。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

旅路の果てのどん底の生活。私には、人間がどんなこともできる。いかなる悲惨、困窮にも耐えられる強い忍耐心を天から授かっているように思えてくる。いよいよ食えなくなれば、往来へ大の字に寝転んでやろう。3日ぐらい食わずとも死ぬこともあるまいと、私はこのどん底の生活に、すっかり捨て身になっていた。
【覚書き|20代に無一文で大陸を放浪していた時代を振り返っての発言】

日頃から数字や計算に触れてアレルギーをなくし、身近にしていくことが、数字に強い脳を作る前段階と言えるでしょう。

自分の仕事が金儲けだけでなく、何らかの形で世の中の役に立っていると思えなければ、どれほどプロフェッショナルな仕事でも成り立たないのではないでしょうか。

100%お客様志向の会社に生まれ変わる。お客様と日々接している店頭が真っ先に変わる必要があるという考えから、資生堂は2006年4月からBC(美容部員)のノルマ撤廃に踏み切りました。企業内の管理指標として売上目標や推奨品のノルマは非常に便利なツールですが、BCはどうしても目先の利益に追われてしまう。それが、お客様の「無理に買わされた」という不満を生む要因となっていました。

データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。

私は週末のどちらかは、必ず出社するようにしているのですが、それは翌週の準備をするためです。たとえば、今週は取材や講演会などがたくさん入っているので、先週末はそのための原稿などを用意していました。翌週に出張や会議が入っているときはその準備もしておきます。週末を準備に費やす理由は、平日に作業する時間がなかなか取れないこともありますが、それ以上に、翌週の準備をしないと安心できないからです。私の場合、準備をしていないとストレスになってしまいます。

英語を学ぶときのポイントは、どうして英語を身につけたいのか、その動機付けにあると思う。オレの場合は、アメリカに行きたいというはっきりとした目標があったから必死になれたが、「六本木のバーで外国人とちょっとした日常会話ができればいい」というぐらいの思いでは、当然、たいした英語は身につかないだろう。

ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい。

レッドオーシャンでマーケットの取り合いをするなら競合に目を向けるでしょう。しかし社員数も規模も総合力も格段に勝るソニーさんやマイクロソフトさんを相手にいかにパワーゲームで勝つかではなく、任天堂のゲームに何の興味も示さなかった人たちがどうすればこっちを向いてくれるかを考えることに圧倒的な時間を使った。私は競合意識の非常に低い経営者です。

なんと日本は情報というものについて無策・無防備であったかと痛感させられた。開戦・敗戦ともに、情報が帰趨を決しました。

ページの先頭へ