孫正義の名言|7割の成功率が予見できれば投資すべき

5割の確率でやるのは愚か。9割の成功率が見込めるようなものはもう手遅れだ。7割の成功率が予見できれば投資すべきだ。

孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

皆が体制に納得しなければついていかないし、皆が納得してついていく体制を時代に応じて作り続けなければいけない。

稲葉善治の名言|皆が納得してついていく体制を時代に応じて作り続けなければいけない


もし、周りからうまく協力を得られなくて悩んでいる、という人がいるなら、物事を損得で語っていないか、一度見直してみてはどうでしょうか。私利私欲ではない夢を相手と共有できたとき、きっとその人は協力者になってくれるはずです。

徳岡邦夫の名言|私利私欲ではない夢を相手と共有することが大切


身近な人でも、書物の中の人でも、できる人の思考をシミュレーションするのはどんどんやった方がいいと思います。それを積み重ねていくことで、自分の思考が成長して、問題を解決するスピードも上がってくるものです。

夏野剛の名言|できる人の思考をシミュレーションすることの大切さ


弊社は一般大衆向けサービスが得意な会社です.また、エンターテインメントとコミュニティ、データマイニングにも強みがあります。健康をすごくまじめでつまらないものにしてしまうと、気を付けようと思っても、健康に留意したアクションが長続きしないと思うんですね。私たちは普段から健康の大切さに気づいてほしいという思いでサービスを立ち上げましたから、病気になる前の人が健康的なアクションを続けたり、意識を持ち続けたりできる、楽しく利用できるようなエンターテインメント性を取り入れたいと思います。

南場智子の名言|健康にエンターテインメント性をとりいれる


上司は部下の嫌われ役であれ、という説もありますが、私はその意見を認めない。たとえ厳しいことを言ったとしても、常に「私は君を見ている。応援しているよ」という態度を示し、言葉を投げかければ、愛は伝わるはず。上司と部下が相思相愛になるほど、組織は前進しやすくなるんです。

鈴木優輔の名言|上司と部下が相思相愛になるほど、組織は前進しやすくなる


「どうしてみんながこのように活動しているのか」「そもそもこの常識はなぜ生まれ、いつから通用しているのか」その原点を深く理解すれば、「これって古くない?」「うちの会社にとって本当にベストなやり方なの?」とこれまで自明に見えていた常識を疑うことができます。そして疑うことができれば、初めて冷静に代替案を議論できるようにもなります。

南場智子の名言|疑うことができれば、代替案を議論できるようになる


私が社長として経営を主導してはいましたが、後ろから支えてくれる人がいなくなってしまった。支えてくれる人がいるのといないとでは、天と地ほどの差があります。だから、兄が亡くなってからの1~2年は何となく不安という状況が続きました。自分が元気なうちに後継者を育てて、社長を譲らなければいけないと思いましたね。

本庄八郎の名言|支えてくれる人がいるのといないとでは、天と地ほどの差がある


「誰々に会う」「どこどこへ行く」というスケジュールは他人のものです。「スケジュール表が真っ黒」って言い方がありますが、他人のもので埋め尽くされてしまっているので、それを続けているとおかしくなってしまう。

糸井重里の名言|「誰々に会う」「どこどこへ行く」というスケジュールは他人のもの


後継者を決めるというのは、何も次の社長一人だけを育てることではありません。その候補者のブレーンを含めて、次世代のマネジメント層を育てることなんです。つまり一人の後継者を決めることによって、次を担うマネジメント層がぐんと広がり、育っていきます。

伊藤守の名言|後継者を決めることによって組織が受ける恩恵


経営において、「これが絶対に正しい」という判断はないと思います。右を選べば右なりの、左を選べば左なりの方法があるからです。

鑄方貞了の名言|経営において、「これが絶対に正しい」という判断はない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ