孫正義の名言|7割の成功率が予見できれば投資すべき

5割の確率でやるのは愚か。9割の成功率が見込めるようなものはもう手遅れだ。7割の成功率が予見できれば投資すべきだ。

孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

サラリーマン時代の経験は当然、大いに役立っています。たとえば、マーケティングに携わった経験上、売れる・売れないはある意味博打だということを痛感していました。だからこそ焦らず、独自の道を貫くことができたと思います。独自の道を行きすぎて、今では漫画界の「辺境」に来てしまいましたが(笑)。

しりあがり寿の名言|焦らず、独自の道を貫く


私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。

宮内誠の名言|与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい


お客さんが飛行機を利用する場合の第一条件は「信頼」ということだ。その信頼は、経験を積むことである。我々は現在の信頼の上に立ってさらにサービスに努め、交通機関の責務はなによりも安全運航だ、ということを肝に銘じて努力しなければならないと思っている。

松尾静磨の名言|お客さんの信頼を勝ち取る


社内には目立たずともコツコツと仕事をしている人たちが数多くいます。「彼には本当に助けられている」とか「彼女のおかげで、私はいろいろなことができている」という話を現場で聞くたびに、そういう縁の下の力持ちと言える人たちにも目を向けるべきではないかと思ったのです。そこで「現場の誇り賞」を創設しました。支店長でも工場長でもなく、本人の周囲にいる人たちが推薦し、皆でその中から受賞者を選ぶというものです。

和地孝の名言|コツコツ仕事する縁の下の力持ちを称える制度を


どこの会社もエース級の人材、イノベーション人材が欲しい。他社からそういう人材をスカウトしようとする動きも盛んです。若者の側も積極的にチャレンジしようと転職のチャンスをうかがう人が多い。企業にとっては、採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっています。

曽山哲人の名言|採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ