松下幸之助の名言|物にとらわれない精神をもって押し進むべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

窮するのあまり、物に心を奪われてはならない。常に至誠に立ち、物にとらわれない精神をもって押し進むべきである。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勉強会などに参加すると、世の中には、優秀な人がたくさんいることを痛感させられます。上には上がいる、怠けてはいられないぞ、とアドレナリンが体内を駆け巡ります。

社員の意識を変える一方で、ぬるま湯体質を打破する上でもう一つ大事なことは、経営者の経営力、交渉力をつけること。

パートナー(アルバイト)については、面接を複数回行なって当社の企業理念を説明し、これをしっかりと理解してくれた人を採用します。さらにそうした人たちがスキルアップしながら、できるだけ長く働いてもらえる環境を提供するよう工夫しています。具体的には、調理技術などいくつかのジャンルで検定を行い、合格すれば制服の色が変わる制度を導入しています。また、パートナーは大学生の比率が高いこともあり、就職活動の支援を行なっています。面接のノウハウや業界の分析方法を教える講座を設けることで、就職活動が始まってからも辞めずに続けてもらえるようになりました。

現場で一緒になって考え、最良のものを見出して意思決定していくことが大事。

アイスホッケーと同じで、経営だって勝たなければ意味がありません。勝つためには「こういう方向に向かうんだ」というビジョンは絶対に必要です。じゃあ、それは誰が決めるのか。それこそ経営責任を担う者が決めなければならない重要な責務だと思うのです。

飯田(亮)代表のやり方は、一見すると無茶にも思えますが、失敗した時の責任も代表が一身に負っていました。こちらが「取り返しのつかないことをした」と震えていると、「2度とやるなよ」と言った後はいつもと何じように接してくれる。こうした経営者としての姿勢は自然と周囲にも伝わりました。

アイデアが出ない、まとまらないという会議は、実際は出ている意見を、書き留められていないだけというケースも多い。先日も、とある管理職研修での議論を横で観察していたら、いい意見が出ているのに、誰も書き留めず、単なる雑談で終わってしまった。そこで私が、メンバーが話している中で出てくるアイデアを3分間、ただホワイトボードに書きだしていった。たったそれだけで、それを見たメンバーは、どれだけのアイデアが出ているかに気付き、議論は一気に活性化していった。

ページの先頭へ