渋沢栄一の名言|目的には、理想が伴わねばならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

目的には、理想が伴わねばならない。その理想を実現するのが、人の務めである。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小さい頃から自分の中では、絶対にプロのバスケット選手になるって決めていた。好きなことを仕事にできるなんて、こんなに幸せなことはないと子供ながらに感じていたので。だから高校を選べると分かった時は絶対に一番強いところに行きたいと。

我々は「様々な課題はチャンスである」と考える企業です。課題はソリューション(解決法)を生み出すきっかけになる。

仕事時間内に着実にタスクをこなすには、TODOリストを実行に移す過程で、もう一つのステップが必要です。それは「作業にかかった時間のログをつける(記録する)」「それに基づいた予定を組む」こと。ログを残す作業を3日ほど続ければ、自分の平均作業時間が見えてきます。すると、自分が1日でこなせる仕事の量が明確になってきます。

「他社との競争に勝とう」とは、一切言いません。もちろん、スタッフ間の競争を煽ることなどあり得ません。会社の制度にもそれが現れています。給料は役職ごとに、ボーナスは全スタッフ、個人の業績に関係なく一律ですし、昇進の基準も、成績よりも、「周囲に慕われているか」「周りにいい影響を与えているか」ということを重視しています。

相手と打ち解けられるかどうかは、話し方の問題ではなく、話題の提供の仕方にあると思います。相手にとって距離感が近い話題ほど、その人もしゃべりやすいし、場の空気も早くほぐれます。

私が40歳を過ぎてようやく売れだしたころ、手塚(治虫)さんはすでに押しも押されもせぬ漫画界の重鎮で、スーパースターだった。だから、そのころの手塚さんは売りだしたばかりの中年漫画家のことなんかあまり意識していなかっただろう。だが、私は手塚さんを「ライバル」だと思ってやってきた。

目隠ししながら何十種類の豆腐を試食しても必ず選んでいただける。そんな本物の味をこれからも追求していきたい。

ページの先頭へ