渋沢栄一の名言|利他の精神を

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人を押し倒してひとり利益を獲得するのと、他人をも利して、ともにその利益を獲得するといずれを優れりとするや。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

職人は、一つの道を突き詰めていくのが仕事ですが、それは決して同じことを毎日繰り返すということではありません。私も大学時代に海外のさまざまな食に触れて以来、今も寿司に使えるアイデアを探しに方々へ出かけます。

私は、お仕事や教室などでたくさんの若い方々をみていますが、みなさんオシャレで、いい意味で個性豊かです。礼儀正しい人もとても多いと思います。「最近の若者はなっとらん」なんておっしゃる人もいるけれど、私から見たら、むしろ中高年のほうにマナーで問題のある方が多い気がします。いまの若者たちは、優しさと美しいものへの感性を兼ね備えた素敵な方々が多いと感じます。

我が社は世間的には「IT活用に成功した企業」として認知されていて、しばしばマスコミの取材を受けます。しかし、我が社はITを導入しようと考えたことは一度もありません。たとえばお客様へのサービスを充実させるにはどうしたらよいかと考え、それを実現する道具としてITを選択したのです。IT自体が企業に優位性をもたらすわけではありません。

リーダーには「こうあらねばならない」という型は存在しません。前任者が部下を従わせるスタイルだったからといって、同じことをしなくてもいいのです。自分を変えようとしたり、格好をつけたりする必要はまったくありません。地のままの自分でやればいいのです。

大きな会社同士が経営統合しても個々の事業が一丁前でないとダメだと私は思う。サイズがでかくなれば生きていける時代ではない。ニッチでもちゃんとしたポジションを取って、次の技術開発なりサービス網の構築なりの投資ができるような利益水準がないと、先がない。

その日やるべきことが10ある場合、どこから手を着けるかは僕自身悩むところです。そんな時は、それぞれの仕事の負荷を考えます。例えば、重たい仕事が3つ、軽い仕事が7つある場合、重い3つから手をつけると時間を食い、軽い7つをやる時間すらなくなるかもしれません。だから僕は、請求書を書いたりメールに返信するなどの軽い仕事から着手し、その作業を進めながら頭の片隅で重たい仕事のことを考えるようにしています。

「独創性」という言葉は、「独り創造的である」という漢字を使います。だから、設定テーマが独創的であればあるほど孤立無援になります。生きにくいかもしれないし、多数派優位だからいじめられるかもしれない。それでも、少数派であることを誇りに、やり続けるしかありません。

ページの先頭へ