益子修の名言|やる決断よりやめる決断の方がはるかにきつい

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。

益子修 の経歴

益子修、ますこ・おさむ。日本の経営者。三菱自動車社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事に入社。主に自動車部門と輸出部門に携わり、執行役員自動車事業本部長を経て、三菱自動車に移る。海外事業担当常務として経営再建に関わったのち、同社社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が部下に「頭を切り替えろ」というとき、その上司は部下に伝えるべき答えを持っていません。正解を知らないんです。だから、こういう場合、部下として大切なのは、とにかく次の手を打つこと。上司もわかってないんですから、いろいろと試せるチャンスだと思って、やってみればいい。もし、上司が「どうしてそんな手を打つんだ」といったら「じゃあ、いう通りにしますから答えを教えてください」といえばいいんです。「わ……、わかった。お前の好きなようにやれ」といいますから(笑)。それによって良い結果が出れば最高ですし、良い結果ではないにしろ何らかの「変化」は起きるわけですから、それを続けていけば、必ず正解にたどりつけます。

海外で現地の方と一緒に働く上で大事なことは目標を共通のものにして、国籍の違いや価値観を理解しながら人間的な信頼関係をつくっていくこと。

社長がその気になれば、新事業のチームリーダーに、熱意、向上心、柔軟性のある責任者を任命することができるはずです。強力な推進、支援体制を構築して、アクセルを一気に踏むこともできるでしょう。

初めての仕事ばかりでしたが、弱音を吐かず正面から向き合いました。「虚心坦懐(たんかい)に臨めば難題も恐るるに足らず」。長い海外暮らしでそんな心構えを身につけたからこそ、やり遂げられたと思っています。

他の人にはできない仕事に挑戦するには、まずは目標を小さくブレイクダウンし、ひとつひとつ成功を積み重ねていくことで、本当に自分がやりたいことに近づけていくという方法が有効です。

新しい商品をつくるために、アンケートをとることがあります。そのこと自体は何も問題ありません。短時間で多くの人の声を収集できるメリットがあります。ただその半面、落とし穴もあります。一般の人から寄せられるアンケートの回答は、すでにある商品やサービスに関することがほとんど。顕在化したものしか出てきません。企画・調査する側の狙いはまだ世の中では言語化されていないけれど、ユーザーが潜在的に欲しいモノ&サービスを何とかつきとめたいということ。ネットの情報だけでは、ジャンプカのある発想をするのは難しいのです。

ノートルダム大学で経営学を教えている友人のハーブ・トゥルーがこんなことを言っていた。ひとつのテーマについて異なる見解を取る複数の参考文献を読ませると、最近の学生は「誰の言っていることが正しいのか」と教えてほしがるという。学生たちの考えるように物事が単純なら、どんなにいいだろう。だが、どんな状況にも通用する万能のルールなど、現実には存在しない。

信頼はどうやって築きあげるのか。それは「約束と実行」を繰り返すこと。

和歌山県って、まだまだ日本酒のイメージが薄いように思います。がんばっている人もいるのですが、県としてのカラーと言うか、まとまりという部分でもっと協力してアピールしていきたいですね。まだ知られていない、ということは可能性が大いにあるということです。やらなければならないこと、できることがまだまだありますから。

どんな人たちが周りにいるのかを見れば、その人のことがわかります。当社の新卒2年目の女性社員の話ですが、彼女が中学や高校時代の友人と一緒に飲むというので、私も顔を出したことがあります。すると、彼女を囲んでいた人たちはみな前向きで、良い仲間なのです。良い仲間はツキを呼んできます。こんな素晴らしい仲間が周りにいるのなら、彼女は大丈夫だと安心しました。

ページの先頭へ