益子修の名言|やる決断よりやめる決断の方がはるかにきつい

このエントリーをはてなブックマークに追加

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。


益子修 の経歴

益子修、ますこ・おさむ。日本の経営者。三菱自動車社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、三菱商事に入社。主に自動車部門と輸出部門に携わり、執行役員自動車事業本部長を経て、三菱自動車に移る。海外事業担当常務として経営再建に関わったのち、同社社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

机の上でこれが売れるとか売れないとか議論すること自体がバカバカしい。売ってみて学ぶ方がよっぽど勉強になる。

商品を購入してもらうだけが店の目的ではありません。お客様にとって店に来ること自体が楽しいと思っていただけるよう工夫する。それが平和堂の企業メッセージである「はずむ心のお買い物」なのだと考えています。

モノはいくら進化させたとしても限界があり、価値は低下していく。原点を見つめ直すと、ゼロックスの企業理念は「ベターコミュニケーション」。人間の相互理解を促進する企業でありたい。複写機という狭い範囲ではなく、コミュニケーションをより良くするお手伝いをしよう。複写機一辺倒から変わろうと思った。

各工場の幹部管理職を「省エネリーダー」に任命。工場内の省エネ努力の先導役としています。どこでどのようにエネルギーが使われ、どこに改善の余地があるかが明確になるよう、データの「視える化」も進め、現場で働く人たちが省エネに向けた行動を取りやすい環境を整えています。

一番やってはいけないのは、監督が連覇ばかり考えて、選手が見えなくなること。ですから監督に就任して取り掛かったのは、とにかく選手を理解することです。

バブルは長く続きません。バブルにならないようにする努力が求められます。人間は判断の誤りがあるということを知ることが重要です。

思い込みや常識を排し、数字、ファクト、ロジックによって、目標達成に必要な道筋を考え、仕事を組み立てていく。それが当社の必要としている人材であり、私にとってともに仕事がやりやすい相手でもあります。

ページの先頭へ