スティーブ・ジョブズの名言|あまり過去を振り返るのはよくない

このエントリーをはてなブックマークに追加

創造的な人生を送りたいと思うなら、あまり過去を振り返るのはよくない。自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、それを捨て去らなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事のスピードを速くするためには、その案件を「会社のビジョンにのっとっているかどうか」で判断し、「不要な仕事」に手を出さないことを徹底しています。

私の場合は、相手が誰であっても、自分の柔道を貫くという基本姿勢があります。相手のよさを消すのではなく、自分のよさを最大限出し切るのが私のスタイルです。

同じくらいの収入でも、確実に貯金ができる人と、あるだけ使い切ってしまい、ときには借金までつくってしまう人がいます。年収が高いからといって、貯金が多いとは限りません。私はこういった差は、お金の使い方について「自分の軸(価値観)」を持っているか否かによって生まれると考えています。

「自分の体調管理」を大事にしています。私自身、昔からがんばり過ぎてしまう性格なので、今年過労で倒れてしまったことがあるんです。社員にすごく心配をかけてしまって、こんなことではいけない、長期戦なんだから持続可能な働き方を取り入れないと、と思い直しました。

クレーム主が優先客か劣後客で対応は異なります。劣後客の場合は、経営効率上自社サービスに適応しきれていないことがクレームにつながる場合がある。それが原因のクレームは仕方ないと見切る経営判断もある。

ときには、進行中のプロジェクトには本当に需要があるのかどうか見極めなくてはならない。これは難しいことだ。ミーティングの席でプロジェクトは中止になったと告げる人間には誰だってなりたくないものだから。

実際にやってみると、競合他社の優れた点はおろか、自社の優位性も言葉にできない人が圧倒的に多い。

ページの先頭へ