スティーブ・ジョブズの名言|あまり過去を振り返るのはよくない

創造的な人生を送りたいと思うなら、あまり過去を振り返るのはよくない。自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、それを捨て去らなければならない。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時間をかけて考えてから机に向かっています。描く時間よりも、考える時間のほうが長いですね。むしゃくしゃするようなことがあったとしたら、それがどういう感情からきているのか、じーっと考えて、ああ、こういうことかと自分自身、納得してから描いている感じです。

自らを清められない者は、周りの者を清められない。仏教では掃除のことを下座行といいます。下座行の中でもトイレの掃除が大変ですが、そこに身を置くと他の仕事はすべてありがたく感じてしまいます。

これまで私たち日本企業は、日本という大きなマーケットのなかで育ってきました。今後はそこに安住していては生きていけない。日本のなかにいて、日本の常識だけで物事を考えるのではなく、世界で通用する常識を持ち、世界の動きを肌で感じ取って物事を判断し、行動する。私たち自身が、どうグローバルに成長していけるかが問われています。

自分の目標がわからなくて悩んでいる若いビジネスマンが意外に多い。そういう人は尊敬できるビジネスマンに会うといいでしょう。そして彼らの本物の言葉に触れて感動することが大事。そうすれば大きな夢を持つことができ、その夢に向かってどうすればいいか、考えられるはずです。

財産や利益が目的の人もいれば、地位や名誉が目的の人もいるでしょう。しかし、そうした数字や肩書によって示されることが目的であれば、その目的が達成されてしまえば、あとは目指すものがなくなってしまいます。

チームの先頭に立ってビジョンを示し、問題があったら真っ先に飛び込む。経営者がまず変わるべきです。

商談で必要なのは、「ウソをつかない」ことです。たとえば、不動産会社さんにご説明するとき、その地域でうちのサイトの利用率が低いなら、「この辺の地域での実績は低いです」と正直に打ち明けた方がいい。よい面ばかり並べ立てる営業マンより、悪い而も正直に話す人のほうが、お客様も信用できると思いますからね。正直に話したうえで、「でも、こういう点でメリットがありますよ」とお伝えすれば、マイナスにはならないと思います。

どこかにブレイクスルーがあると信じられない人間には、リーダーは務まりません。諦めることなくブレイクスルーの瞬間を追い求め続ける存在こそ、リーダーであるということです。

年齢は関係ない。会社に対して、燃えるような情熱があればいい。

人々が無償で何かをするのはほとんどの場合、自分の中に理由がある。それは楽しいからであり、何かを言いたいから、注目を集めたいから、自分の考えを広めたいからであり、ほかにも無数の個人的理由がある。

世の中が動いている以上、私たちの業務にも大小の変化があって当然。その変化が常に取り入れられ続けなければ、マニュアルは化石も同然になってしまいます。

単なる販売相手としてではなく、ユーザーの声・感性を正確に受信できる関係性をいかにつくるかが先。

日用雑貨と同じようなやり方で薬を売っていては、消費者の信頼を失うでしょう。販売者にきっちりと勉強をしてもらい、本当の意味での専門性を消費者に認めてもらえるようにしなければなりません。

ページの先頭へ