スティーブ・ジョブズの名言|あまり過去を振り返るのはよくない

このエントリーをはてなブックマークに追加

創造的な人生を送りたいと思うなら、あまり過去を振り返るのはよくない。自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、それを捨て去らなければならない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

未来には、どうしたって見積もれない部分があります。運やツキは、ある程度満遍なく誰にでも訪れると思いますが、完全に公平ではない。

サッカー選手が一番悩むのは、ケガをしたときと引退を考えるときです。ですから故障を抱えている選手の悩みを聞いてアドバイスをしたり、引退を考えている選手の相談に乗ったりするようにしています。

手帳とは、言ってみれば「ソフトウエアが定義されていないハードウエア」です。「時間軸」というゆるいOSが入っているので、スケジュール帳として予定を管理したり、TODOを管理したりするのに適していますし、日記帳やライフログとしても使えます。とはいえ、どこに何を書き込むかは自由だし、線を引いたり、チェックボックスを作ったりと、自分なりにカスタマイズもできる。それが手帳という情報ツールの特徴です。

過去にとらわれてはいけない。だって時代は変化しているんですから。

普通にやっていたら普通でしかない。

素行に問題アリとされた生徒を指して「札付き」などということがある。すると、その生徒は自分が問題児として見られていることを感じ、強く反発する。その結果、乱暴な言葉や暴力が目につきがちになる。すると、「ほら、やっぱり」と偏見が裏付けされ、正当化されてしまう。

悩むと人は「ゼロか100か」思考に陥る。

住宅メーカーの仕事の醍醐味は、お客様から感謝の言葉をいただくことに尽きます。私が社長に就任したとき、40年も前に私が長野で担当したお客様がお祝いに駆けつけてくださった。40年も経っているんですよ。こんなうれしい気持ちを味わえる仕事は、ほかにはないと思いましたね。

ガバナンス(統治)という言葉が当てはまるか疑問ですが、経営上の問題解決という観点からこの構造(事業ごとに個別会社とし、持ち株会社方式にした組織構造)を新たに採用しました。重視したのは役割の分離です。各企業の経営陣がそれぞれの役割にフォーカスをあてることができました。それが私どもの享受した最大の恩駅だと思います。

そちらにとっても盗難保険は新しいビジネスチャンスになる。
【覚書き|ソ連崩壊直後のロシアとの貿易のときにリスクヘッジするため、貨物に大正海上火災(のちの三井住友海上火災)の盗難保険をかけたときの交渉での発言】

ページの先頭へ