中川悠介の名言|メディアを使った押しつけは通用しなくなった

このエントリーをはてなブックマークに追加

「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


中川悠介 の経歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

苦手なタイプのお客様にあたったときは、褒められる部分をひとつでも探しましょう。たとえばツンとして感じの悪い女性のお客様がいたとしても、「ネイルがキレイ」「計算が速い」など、何かしらあるはずです。それを口に出して言いましょう。すると、相手の態度が変わります。相手が変わると、こちらの苦手意識も薄れるものです。

チームが一番大事な仕事に専念できるよう、環境を整えることです。それが経営者の最も大切な仕事ではないかと思っています。

一番大事なものはインナー・セルフ、内なる自分。オレはいままで自分自身をライバルとして戦ってきた。勉強でも仕事でも、その都度超えなきゃならないハードルを自分でセットアップしては、自分自身に挑んできた。

日本はメーカーが価格を決めるので、品質・機能が良いと価格を上げざるを得ません。しかし、本来はお客様が求めている、買いやすい価格にすべきなのです。

米国ではよく「ワーカーとレイバー」という言い方をします。ワーカーは働きたいだけ働き、成果を出すために頑張る人。レイバーは労働時間に対して給料をもらう人。我々が求めるのはワーカーです。

限られたノートのスペースでいくつもの情報を整理するには、キーワードを箇条書きでまとめるといい。

現場が活躍できるよう本部は黒子に徹する。それが、お客様から評価され、みずほの成長につながる道だと考えています。

ページの先頭へ