中川悠介の名言|いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代

このエントリーをはてなブックマークに追加

いまはむしろ、計算しないほうがヒットする時代。


中川悠介 の経歴

中川悠介、なかがわ・ゆうすけ。「アソビシステム」社長。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は一年前に国会議員になった。それ以前は、政治とはまるで無縁だったので、いまだに政治家の使う言葉がよく理解できないことがある。そんなときは「ごめんなさい、それってどういうことですか」と、頭を下げて教えを請う。当たり前である。私は一政治家として本気で日本のために尽くそうと思っている。恥ずかしいなんて言ってはいられない。

新人に課すつらい仕事には、忍耐力や従順さがあるかどうかを見極めるほかに、忍耐力や従順さを高めるという役割もある。実際に苦労をしてみると、苦労に耐える体力や知恵が備わる。

人前でも批判されることなく、しっかりと振る舞うには、派手なテクニックを過剰に使ってはいけない。伝えたいことを明確にし、必要なテクニックを自然な形で、地道に実践することの方が大事。

国内同士の提携が普通の日本のやり方だと思うし、そういう打診を受けたことも実はあります。ただ、当時の中外のバイオだけでは世界の競争には勝ち続けられない。組むならバイオも化学合成も強い会社ですが、なかなか日本にはなかったんですね。

少しをするために多く学んでおかねばならぬ。

最近、経営を表す造語で「四方よし」と言っています。近江商人は売り手、買い手、世間の「三方よし」ですが、私達はお客様、従業員、社会がよくなって初めて、会社が安定的持続的に成長するという「四方よし」なのです。

相手の本音を聞きたかったら、こっちも本音で話さないとダメ。こっちが真剣だから、向こうも「こいつにウソはつけないな」と考える。

会長ほど難しい仕事はない。だいたい仕事を抱えるのは容易であり、仕事を離れるのは難しい。忙しい忙しいといえるのは結構な話で、仕事から浮いてしかも仕事をつかんでいることはなかなか凡人には無理なことである。だがこの難しさをやってのけなければ、本当の会長にはなれぬ。

偏差値や学生数などでナンバーワンを目指すのではなく、学生をはじめとするすべてのステークホルダーからの期待に応えることが重要。それによって大学への信頼が高まり、学生に、この大学を選んで良かったと満足してもらう。

ものごとが上手くいかないと、どうしても自分に対する怒りの感情が生まれてきます。そんなとき思い切って怒りを爆発させると、膨張していたマイナスの感情が消えて、スッキリすることが僕にはよくあります。スッキリすると、次に何をすればいいかがクリアに見えてきて、結果的に落ち込んだ気持ちを早く明るくすることもできます。

ページの先頭へ