山内溥の名言・格言|正しいと確信する道を歩む

将来の結果は誰にもわからないというしかないが、正しいと確信する道を歩んでいるだけだ。当社は市場を啓蒙しようと考えているわけではない。任天堂は任天堂を守るためにやる。照準は来年のクリスマスだ。

山内溥 の経歴

山内溥、やまうち・ひろし。日本の経営者。ゲームメーカー「任天堂」3代目社長。京都府出身。早稲田大学専門部法律科卒業後、任天堂の販売子会社取締役などを経て任天堂社長に就任。主事業を花札からテレビゲームに転換し、同社を世界的企業に成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰もやったことのない仕事にこそやりがいがある。世界の何人も成功しなかったような仕事をなし遂げるのが、日本の新事業家の栄えある使命じゃあるまいか。

御木本幸吉の名言・格言|誰も成し遂げたことのない事業に挑戦する


傍観者ではダメである。どんな仕事でも、当事者になることが肝心である。

藤田田の名言・格言|どんなことにも当事者になる


企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿が落ちるごとくに持っていかないと。

石原俊の名言格言|経営は熟柿が落ちるごとくせよ


改善の目的は、製品やサービスを改良し、2・3年後にはまったく新しい製品やサービスにしてしまうことである。

ピーター・ドラッカーの名言・格言|日々の改善の目的とは


私の「ほどほど哲学」の取材を受けると「これだけ成長していて、どこがほどほどなのか?」と質問されます。私はこう答えるようにしています。「何事も、やりすぎても、やらなすぎてもいけない。企業の経営も人間の生き方と一緒で、上っすべりに調子に乗ってやりすぎれば必ずけがをする。前をきちんと見つめて、慎重に自分の足元を確認してから、次の一歩をじっくりと踏み出す。それが成功に結び付く秘訣であり、私が実践している「ほどほど哲学」なのです」

青井忠雄の名言・格言|ほどほど哲学


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ