アンドリュー・カーネギーの名言・格言|成功する秘訣は諦めないこと

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。

アンドリュー・カーネギー の経歴

アンドリュー・カーネギー、米国の実業家。大富豪。12歳で紡績工場に就職。それ以来現場叩き上げでビジネスを学ぶ。モールス信号を学び電信技師に昇格しペンシルバニア鉄道に入社。18歳でピッツバーグ責任者となる。まだ普及していなかった寝台車の会社に投資しはじめの財を築き鉄橋会社を創設。のちに鉄鋼業で大きな財を作る。鉄鋼王と称された

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

国際会議が増える中で、他国の人々が次々に意見を表明しているのに、日本人は割って入るパワーが欠如しています。外国の友人からは「国際会議では立ち上がりながら意見をまとめて発言するものだ」と言われたこともあり、そこまで鍛えてほしいと思います。

厳しい経済環境の中、経営努力をしていかないと、会社の経営を安定した成長軌道に乗せることはできません。

「株主ありき」の経営体質ではなく、「従業員ありき、顧客ありき」に株主が並ぶような経営の方向性が大事だ。短期の収益確保、習慣的な株主利得を求めることは有益ではない。

「目の前にいる人の名前が思い出せない」ときは、前に会ったときの記憶全体をたどるのが効果的です。いつ、どこで、どんなふうに会ったか、他に誰がいたか、相手はどんな服装だったかなどを頭に浮かべるうち、名前がふと出てくるでしょう。「何を話したか」も重要なフックです。仕事の話、出身地の話、趣味の話など、どんなことを相手が言ったか、自分がどう感じたかを反芻しましょう。

30代になると部下もでき、指導する立場にもなります。すると、不思議なものでただ学ぶ立場よりも実務能力が向上する速度が上がります。何か指導する際、実務に精通していないと、実務の体験不足の20代に一から教えることができないため、しっかりとした準備をしようと実務に関する知見も深めていくことになるからです。

今の厳しい時代では、1回負けたらなかなか次のチャンスはもらえません。極論すれば、やられない努力が必要。そのためには自分が圧倒的に勝てる場所で勝負するしかない。

出世に関しては、陰で工作する人は頂点までは行けない。日の当たるところで、堂々と戦わなければ、ビジネスパーソンとして強くなれませんから。

ファンの声や選手の要望をワンストップで引き受ける部署「ファンリレーション室」をつくったことで、ユニホーム組と背広組の壁がなくなって、職員の意識も変わりました。やはり職員が選手を一番愛する存在にならないと、ファンからも愛されないし、チームは強くなれない。逆にいうと、昨年に優勝できたのは、職員が頑張ってくれたからでもあるんです。

私たちは父(石油王ジョン・D・ロックフェラーの息子ロックフェラー2世)から週25セントもらい、その他のお金は自分たちで稼がなくてはなりませんでした。私たち兄弟は常に働いて稼ぎました。

伊藤忠は人が、僕は看板が欲しかった。マイクロソフトにも出資を仰ぎ、自前のシステムを連日徹夜で作って、日本オンライン証券(カブドットコムの前身)を設立しました。
【覚書き|第一證券から伊藤忠商事に移りネット証券立上げた時を振り返っての発言】

ページの先頭へ