盛田昭夫の名言|定型文を使わずに文章を自分で考えなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

お祝いやお悔やみを伝えるときくらい、定型文を使わずに文章を自分で考えなさい。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「おまえの仕事があってよかった。ありがとう」という「ありがとう」を集めるのが、僕の人生の目的なんです。政治を通して僕がいままで学んできたことをヨコ展開したほうが、よりたくさんの「ありがとう」を集めることができるのではないかと思ったんですね。

答えを導く考え方を身につけるためにはそれなりの訓練が必要ですが、日本企業がいま一番求めているのは新しいことを考えられるクリエイティブな人材。努力して考える力を身につければ、一気に抜きん出られるはず。今ほど考える力が役に立つ時代はないのではないでしょうか。

人脈をつくるにはどうすればいいのか。大前提になるのは、自分の未来に明確なビジョンを持つことだ。10年後の自分はどのようになっていたいか。3年後でも構わない。まずはなりたい自分を考え、それを実現するために必要な人物を見つけて味方にする。出会った人が偶然、自分の人生に深く関わるケースも稀にあるが、人脈は自分で戦略的に構築するものだと私は考えている。

主力事業であっても、無駄な資金は使いません。しかし、成長のためにきちんとリターンがあるなら投資は惜しみません。

アメリカでは僕のことを誰も知らない。その状況が燃える。成功して自分のビジネスやビジョンを広めたいという思いがある。

リスクの大きい事業に手を出して失敗した場合、影響を受けることになりますから、反対されるのは健全な会社である証拠と言えるでしょう。

今後はグローバルで、PC市場のプレーヤーは減少してくるものと見ています。その中で私どもはPCにこだわっていきます。PCを含めたICT(情報通信技術)デバイスをコアビジネスにしながらも、その一方で「ポストPC」への模索は続けていきます。

ページの先頭へ