盛田昭夫の名言|人の心を打つためには、下を向いて原稿を読んではダメだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人の心を打つためには、下を向いて原稿を読んではダメだ。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者やリーダーが、集めた衆知を生かすために何が必要かと言えば、それが、素直な心なのだと思います。素直な心とは、わだかまりのない、私利私欲のない、何ものにもとらわれない心のことでしょう。素直であれば、ものごとの本質や真理を見ることができます。集めた衆知を見極めることができます。

仕事がなくなったとき、とにかく少しでも稼がなくてはいけないので、がむしゃらに売り込みました。不正解だとパイを投げられるような体を張ったクイズ番組なども、生活のためですからありがたく、必死にやりました。

アイリスは大阪で技術者の中途採用を実施しました。狙いは経営難で人員削減を実施するシャープやパナソニックなど大手電機企業出身の人材です。地方企業であるがゆえに、優秀な人材を取り逃してきたのは一度や二度ではありません。そこに降ってわいた家電メーカーの経営危機。海外企業に引き抜かれれば国としてもマイナスですから、そういった人材をアイリスで再活用したいと考えたんです。

「日本のお客様は熱しやすく冷めやすい」というのは実はその通りなんです。ですからつなぎ止めるためには、何度も熱し直す必要がある。それには、お客様に継続的にメッセージを送り続けることがとても大切です。

いざ作戦が開始されてから計画性の高い行動をとろうとしても、簡単ではなく、どこかでミスが生じてしまいます。日常からの積み重ねにより、身体知や経験知として刷り込んでおいて初めて本番で本領を発揮できます。

当社は家庭の園芸市場や室内でのペット飼育という新たな市場を創ってきました。当初はニッチだったのでライバルの参入も少なかったのですが、規模が大きくなれば類似商品も出てきます。それに勝つためには、新たな付加価値をつけた商品しかありません。ライバルよりも1周早く走って開発を続ける。これが、勝ち続けるコツです。

成長のために欠かせないのが、私たち産業機械メーカーにとっては「技術力」です。技術力なくして成長は望めません。

ページの先頭へ