孫正義の名言|色んな指標をグラフ化し、時系列化すると、経営状況が一目瞭然となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

色んな指標をグラフ化し、時系列化すると、経営状況が一目瞭然となる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

根拠が間違っていたり不確かだったりすると、いくら主張しても説得力はありません。ところが、世の中には意外と、風評にもとづいた主張や議論が多いものです。悩ましいのは、「何か変だな」とは思っても、どう変なのか指摘できない時です。瞬発力を発揮して、「それはおかしい」と突っ込めるようになるには、常日頃、アンテナを張って正しい情報を仕入れ、ビジネスパーソンとして知っておくべきビジネスのメカニズムなどを勉強しておく必要があります。その場ですぐに指摘できない時は、必ず後で調べましょう。

「どんなときに自分はすぐに行動を起こすことができたか」を振り返ってみることをお勧めします。たとえば私は、「人との約束」が行動を起こすきっかけになるようです。正直、自分には甘いので(笑)、人との約束は守らなくては、とあえてお尻に火をつけてしまうほうがすぐに行動に移せます。

こういう商品を作ってほしいとか、この商品をこう改良してほしいというご意見は、なるべく聞かないようにしています(笑)。もちろん、お客さんのご意見は聞きますが、モニターとして意識しすぎると、「あぶはち取らず」になってしまう。だから、意識しすぎないようにしています。アンケートも当てにしすぎるといけません。どうしても「考えるために考えた」アイデアが入りますから。

いまあるものでも見直すと、その価値を紹介しきれていないものがたくさんある。

楽しんでいるからこそ、いい仕事ができる。

世の中の流れにうまく乗ることが、これからの成長にとっても重要になってくる。

職員には、常に向上心を持って固定概念にとらわれないチャレンジをしてほしいと願っていますが、そのためによく強調するのが「Do & Think」、考えるよりも先にまず実行せよということです。いくら頭で考えても、実際にやってみなければ物事は分からないし、課題も見えてきません。いたずらに時間がかかるだけで何も進まないのです。まずやってみる。そしてやりながら考える。これが「Do & Think」です。

19歳で起業してからの6年間で経験してきたものを大企業で経験できるかと言われると、確かに難しいかもしれません。経営はもちろん、テレアポも、普通は外部の業者に任せるSEO(検索エンジン最適化)対策も片っ端から専門書を読んで自前でやりました。お金がないから仕方なく自分たちでやったのですが、結果的にはそれらの経験が自分や会社にプラスになりました。

「その気」にさせなければ、本気で人は動かない。人が本気で動くためには「ミッション(使命感)」と「パッション(情熱)」が必要である。

熱意が重要だということは職種を問わず言えることですが、営業などはとくに結果が鮮明に出やすいですね。なまじ知識があるベテランは常識的判断に基づいて、「そのご予算では難しいです」と言ってしまうところでも、やる気勝負の新人は「考えてみます!」と答える。結果はどうあれ、その姿勢はお客様の好感につながります。それが積み重なれば、ときにはベテランを超えるような成果を出せる。やる気には、そんな大逆転の可能性があるのです。

ページの先頭へ