孫正義の名言|数字という無味乾燥としたものでも、それを徹底的に突き詰めて行くと、遥かに人間味溢れたものになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

数字という無味乾燥としたものでも、それを徹底的に突き詰めて行くと、遥かに人間味溢れたものになる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

威嚇や脅しで自分の立場を有利にすることはできる。けれども人は「公平で親切心にあふれ、相談相手になる」ことで、尊敬を勝ち取ることもできる。

リクルートの新人の頃、先輩の仕事を見て印象的だったのが、クレームを言ってくるお客さんを大事にしていたことです。クレームを投げてくるということは、それだけこっちの方を向いているわけで、その気持ちを上手く反転させれば、大きな仕事につながります。ですから、社員は皆、お客さんからクレームがあったと聞くと、新しいプレゼンテーションのチャンス到来とばかりに鞄を持って飛び出していっていました。

食らいつけるものには、食らいつこうと思って何度落ちてもオーディションを受け続けました。

不安定な要素があるのは否めません。ですが、それは世界中どこでも同じ。重要なのは、できるだけ早くリスクを特定し、それを回避すること。

人生は人から役割を与えられるのではなく、自分が選択するからこそ、役割の責任を果たすことができる。

異業種と研究開発面で提携していくために、ハイテク素材展とか、粉体工業展、エレクトロニクス展といった他業界の展示会にも積極的に出かけていきプレゼンテーションするんです。そこで情報発信すると、相手先からこんな分野に使えないかと相談が舞い込むようになるのです。共同研究することで視野が広がるし、自分たちだけでは考えもつかなかったニーズがわかる。いろいろなメリットがあります。短期的な収益だけを考えると、基礎研究の分野はとかくお金がかかって成果が出にくい面もありますが、将来の種まきとしては非常に重要ですね。

複雑な変数が、加速度的に増加していく中で、最適解を出し続けること。これは当社が生き残っていくうえで不可欠の条件です。

日本の企業は間接部門(直接儲けを生み出さない総務、勤労、人事などの部署)にたくさんの人間を抱えている。これに対する給料支払いは相当の金額になる。それに給料の値上がりが全部かぶさってきたら大変なことになる。給料は上がる、間接人員は減らせないでは、外国の企業に太刀打ちできっこないと思う。

世界で戦っていこうと言っても、日本の中さえバラバラではどうしようもない。

南部鉄器は、おかげさまで欧州や中国、東閑アジアなど、世界で評価をいただいていますが、支持されているのはやはりそのクオリティー。使い手の目線に立った細かな配慮こそ、代々受け継がれてきた技の本質だと思っています。

ページの先頭へ