田中健介の名言|株価を高めることが目的ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

上場は今のところ予定していません。我々は株価を高めることが目的ではありません。物言う株主に影響されて、資産を売却したり、余剰金を配当すると、長期的には企業が脆弱化してしまいます。我々は、余剰金や余剰不動産で磐石な基盤を形成し、確固たる哲学と実業で、人材が資本の会社をつくることが目標です。


田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は昔から上司に恵まれ、いろいろチャレンジの場を与えてもらいました。私のチャレンジはほとんどが失敗の連続でしたが、上司や先輩には「失敗を恐れるな」と言っていただき、本当に感謝しています。

私は人から褒められるのが好きなのでたくさん褒められたい。たくさん褒められたということは、それだけ世の中を変えられたということですから。

余裕を持ってスケジュールを組むやり方は、添乗員時代に学びました。旅行には、飛行機の遅延やお客様のご病気など突然のスケジュール変更がつきものです。これらの不測の事態にも、フリータイムなどバッファとなる時間帯を組み込んでおけば、対応しやすくなります。何事も起きなければその時間帯を情報収集にあてればいいのです。

幸い赤字が出たのは『せんせい』の8千万円だけで他の3本は当たってる。だから、出資してくれた人には2割、3割の配当を付けて返すことができています。2千万円借りた人には2600万円を返し、5千万円なら6千万円。すると、周囲は「松方に話を持っていったら、なにか起きるかもしれん」と見てくれる。そう期待してもらえるだけでも、人とのつながりは広く深くなっていくでしょう。

壁のポスターが曲がっていたり、パッケージの山がずれていたりというのがまだあります。私は売り場に行くと、そういう細かい点を意識して指摘するようにしています。ポスターをまっすぐ貼るのも、商品の山をきちんと積むのも、いい加減にやるのと労力は一緒じゃないですか。だったら、最初からきちんとやった方がいい。そういう丁寧さ、繊細さが販売力と無関係のはずがないのです。

上司が何を求めているのか、上司にとって何がメリットになっているのかを見極め、上司を動かす術を持つことが重要です。

その問題を解決しても、またしばらくすると同じようなことが起きるということがあります。そのような場合は、問題を点としてとらえるのではなく全体の一部としてとらえ、その根底に潜む真の原因を探る必要があります。

ページの先頭へ