田中健介の名言|得意なものをさらに磨いて無敵なものにする

私は得意なものをさらに磨いて無敵なものにすることが生きがいなのです。戦々恐々とするのは好きではない。また運不運が左右する麻雀などの賭け事も好きではありません。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

嵐の最中、経済学者にいえることが、「嵐が遠く過ぎ去れば波はまた、静まるであろう」ということだけならば、彼らの仕事は他愛なく、無用である。

世の中のパラダイムシフトは半年~1年のスパンという急速な速さで進んでいます。そして大企業はこの劇的変化に対応しようとしているのですが、厳然としたピラミッド型の巨大組織ではなかなかうまくいかないのが実情です。

ゲームを作るうえで、最も意識しているのは、「ゲーム作りを楽しむ」こと。

謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。

「どうしてその証拠からその主張が導き出せるのか」という論理的裏付けを示すことができれば、提案の説得力はグンと跳ね上がる。

初めはお客さんがこなくて。ものすごく安い料金が逆に周囲の反応を悪くしていたんですね。「あんなに安くて技術は大丈夫なのか」って。そこで、まずは来てもらって体験してもらわないとイメージが払拭できないと考えて、「タイムサービス 先着10名様 カット500円!」っていうのをやりました。魚屋がオープンする時の「鮭1本500円!」と同じ発想です。そうしたら、当日に10名のお客様が店頭に並んでくれていたんです。

プレゼンの準備とも言える「スライド作り」が、結果の成否を決める。聞く人が眠らずに、興味を持って聞いてくれるスライドに仕上げねばならない。

自分自身ではない他の人に焦点を当てて物事を理解しなさい。

新聞は無論読みますが、それはヒントを得るため。現在とっているのは朝日、毎日、読売、日経、産経の5紙です。政治面でも経済面でも読んで刺激を受けた情報があったら、読んで終わりにしないで当事者に会う。「記事ではこうなっていましたが、どういうことですか」と確かめます。

採用後、タレント(素質)を見極めて、適材適所に配属します。その人の持ち味を最大限に発揮できるポジションにつけることによって、本人は持てる力を最大限に発揮し、生産性をあげることができますし、会社は従業員から最大限のリターンを得ることができます。

ページの先頭へ