田中健介の名言|得意なものをさらに磨いて無敵なものにする

私は得意なものをさらに磨いて無敵なものにすることが生きがいなのです。戦々恐々とするのは好きではない。また運不運が左右する麻雀などの賭け事も好きではありません。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

恐れる必要はありません。管理職集団の側も、自己否定をしなければ会社が生き残れないことがわかってきています。そこが大きな変化であり、チャンスです。経営トップが自分の職をかけて強いリーダーシップを発揮すれば、改革はできます。仮に業界のトップ企業の経営者が決断して改革を始めれば、同業他社にも改革の動きは広がっていくでしょう。

いま、会社が求めているのは、個人の突出した能力ではありません。以前は実力主義や評価主義が導入され、個人のスキルの向上が求められました。しかし、今は「人の力を借りる力」が求められている。

若いうちなら、作業のスピードが速いだけでも便利屋として上司から重宝されるかもしれません。しかし、作業が速いだけでは、役員にまで出世はできないでしょう。マネジメント層に求められるのは、エクセルで早く表をつくる力ではなく、何が問題化をいち早く見極め、解決策を即決する力だからです。

2度のリストラの中でも、私が当初から掲げていた基本戦略は「成熟産業でも成長する」ことでした。成熟して伸びないと言われる分野でも、特定の事業に力を集中したり、他社と再編することでシェアを高めれば成長できるという考えです。

社会とはすべて他者との関わりから成り立つ。とくにいまの時代は文化や国境も越えて行かなきゃならない。それなのに気持ちが自分の心の中にしか向かっていなかったら何もできないよ。

企業の採用・不採用は、あくまで相対評価の結果です。絶対評価ととらえてはいけません。

様々な分野へ出て行くためには、社内にはない資源やノウハウなど、社外との連携を深めていかなければならない。

本たちとの出合いの原点は実家の本棚です。そこには、流行りの本ではなく、文芸作品としては評価されないような娯楽色の強いものも多くあって、まさに私の本の嗜好の原型。そこにあるものをはじめ、派生した本もよく読みました。本棚には、その人の嗜好や価値観、生き方などが表われ、改めて自分のことを発見できると思います。

『三国志』を2か月に1巻ずつ出し続けて、そりゃ血反吐を吐くようなペースだったけど、いまこそ作家の人生が試されているような気がしたね。

俺自身、反骨心をエネルギーにしてきた人間なんです。選手時代はJリーグで活躍できなかったし、指導者としても日本代表チームを率いたことはなく、就任時周囲からは「手倉森で大丈夫か」という声も聞こえてきました。

ページの先頭へ