田中健介の名言|不良債権処理で銀行の信用を得るには

我々はバブルに踊らないで本業に集中していましたが、それでも不良債権は時価にして数十億円はありました。この不良債権を処理しないことには、銀行が振り向いてくれません。そこで本業で稼いだ利益をまわしたり、リストラを行うことで、不良債権を短い期間で処理し、他社に先駆けてビルやホテルのオーナー事業への足がかりをつけたのです。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

伝統の訪問販売も復活させています。地域によっては、眼鏡店まで来ることができないお客様もいらっしゃいます。これまで訪問販売を手掛けていた企業が手を引く中、逆にチャンスだと捉えています。

自分はあんまり頭もよくないし、才能のない普通の人間だから何もできないんじゃないか、なんて考えるのは誤魔化しだ。そういって自分がやらない口実にしているだけだ。才能なんてないほうがいい。才能なんて勝手にしやがれだ。

リアルな絵で荒唐無稽な話をやりたいんです。「こんなことがあるわけねえだろう」って、「こんな主人公いるわけないじゃん」ってなるんだけど、絵をリアルに、演出をリアルにすることによって「ひょっとしたら」って思わせる。それが僕の仕事だと思っている。

周りから何と言われようとも、「これだ」と思ったことを始めても遅いことはない。人生、どこを区切ってもスタートライン。

もともと好きなものなら簡単に習慣化できる。習慣化したいことが、「好き・得意=快の感情」と結びついているのか、「嫌い・苦手=苦痛の感情」と結びついているのか。ここが、習慣化できるかどうかの分かれ目。

潜在能力は実際に情熱を持ってやってみて初めて、最大限発揮されるもの。

「汎用性」と「独自性」を同時に実現できる組織であること。それこそが、レゴの存在意義であり、今後も成長の原動力であり続けると思います。

困難だからやろうとしないのではない。
やろうとしないから困難なのだ。

生産力を上げるには標準通りにやれば大きな問題は起こりません。仕事をしているといろんな創意工夫が出てくるわけですが、創意工夫自体は悪くないが、標準化もなしに進めると必ず問題が発生する。たとえば当社には300店舗ありますが、店舗が勝手に創意工夫をやり出すと店舗の数だけ家元ができる。その結果、皆平気で夜の11時、12時と終電がなくなるまで会社に残って仕事をすることになるのです。

売り手はとかく、「競争相手に負けない商品をつくる」といった発想をしてしまいがちです。しかし、それを買う顧客にとっては、何の意味もありません。

ページの先頭へ