松村厚久の名言|顧客に興味を持ってもらわないといけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく一度来てもらうには、名前をキャッチーにして、顧客に興味を持ってもらわないといけない。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

礼状にはくだけた表現は使いません。手紙でユーモアを伝えるような相手というのは、本当に限られていると思いますから。また、礼状は全部手書きします。

「生産し続ける」「編み出し続ける」という活動をするビジネスは、とかくメタボになりがちです。定期的に「捨てる」機会を設けてしっかりデトックスし、たまった老廃物を出し切りましょう。

定年制も含め、日本企業は雇用形態についていま一度、見直すべきだと思います。他社と経営統合した後に、たすきがけ人事なんてこをとして、経営がおかしくなっている企業も少なくありません。

事業とは成長しなくては意味がありません。成長してなおかつ役に立つ商品を手掛けたいと思っています。

若い世代は「親しみやすい人」には心を開きやすいので、日頃から気遣ってくれたり、自分の話をきちんと聞いてくれる上司なら尊敬し、指示にも素直に従うようになります。

技術がますます高度化し、複雑かつ多様化している昨今、「正しい」「最善」の技術を求めることにも限界があります。たとえ、自社で苦労して育て上げた技術であっても、市場でイニシアチブがとれないことになったら即座に捨て去り、他社の技術に乗り換えないと後に大きな禍根を残すことになります。最大の顧客基盤を獲得し、デファクトスタンダードになった技術以外は市場から消え去ることが多いからです。

建築物が基礎から築かれていくように、どういうプロセスを経て結果が組み上がってきたのかを知るのはとても大切です。私たちはアナログで育った世代ですから、基礎や土台のつくり方を見ていますし、大変な労力と時間を使って自身でつくってきているわけです。それはある意味で、私たちの世代の強みかもしれません。

ページの先頭へ