松村厚久の名言|個店主義の利点

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちは個店主義だから、立地や店の設計にあった店舗を作れる。パッケージ化された業態では難しいところにも出店ができる。


松村厚久 の経歴

松村厚久、まつむら・あつひさ。日本の経営者。「ダイヤモンドダイニング」創業者。高知県出身。日本大学理工学部卒業後、日拓エンタープライズに入社。その後独立し、大学時代から興味を持っていた飲食業に参入。東京を中心に多業態のレストランを展開した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

たかが会議というなかれ、そのための時間と経費は大変なものです。その削減に向けた努力をしていないとは、ビジネス界では少々能天気だといわれても仕方ありません。

やる気の源は、誇りを持てる生き方をしたいという気持ちです。

君子は、人として踏み行うべき義理の心が足りないことを恥じ、小人は、名誉がないことを恥じる。

1回1回の対局は、未知の旅に出る、知らない何かを探しに出発する。私はそんなイメージを抱いて指しています。

スピーチにおいて、自分の意見を言うのは1割ぐらい、それもありふれた内容で構わない。むしろ聴衆が聞きたいのは体験の部分だ。直接的に感情を言葉にするより、体験を話すことによって感じてもらうほうがより響く。

今年に入って若者のための奨学金をつくりました。でも、まだ道半ばです。学部をつくるには35億円が必要。長期目標のホスピス建設には、もっとお金がかかります。人は私たちを見て十分に稼いだというけれど、まだ不十分です。お金は目標を達成するためのツールに過ぎませんが、あればあるほどいい。

買うか買わないかは、あくまでも顧客が決める。

ページの先頭へ