塚田正由記の名言|人づくりはゴールのない、果てしない挑戦

企業作りは、まさしく人作りです。人作りには、やはり教育にお金をかけ、時間をかける。ゴールのない、果てしない挑戦ですね。

塚田正由記(塚田正之) の経歴

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

生存競争を生き抜くために身体的な強さが何より重要な動物と異なり、社会生活を営む私たち人間は、身体的な力以上に精神的な力がものをいう。それは、私たち誰にとっても求められている力といっていいだろう。

会社は公器だ。蛇の目は社会的責任のある企業である。私が社内の者に日ごろ、口やかましく公私の別を説くのも、マスコミから「ケチ経営の家元」みたいに言われるのも、発するところはこの「公器をお預かりする」という経営理念に基づいているからである。現在の経営者は、与えられた期間、この公器を大切によりよく育てて、次代に引き継ぎ、引き渡す任務を負っているのだ。

「精神的につらそうな人に『頑張って』と言ってはいけません」という話を聞いたことがあると思います。しかし、必ずしもそうではありません。問題なのは「頑張る」ことではなく、「頑張りすぎる」こと。ですから私は、患者さんに「頑張りすぎないよう、頑張って」と声をかけることもあります。それに、人によっては「頑張らなくていい」と言われると、自分の存在を否定されたような感じを受けるようです。もちろん、ハードルの高いチャレンジをさせるのはやめておいたほうがいいですが、「無理をしないように、頑張って」と声をかけるのは、決して悪いことではないと思います。

いまアパレル業界ではユニクロのような低価格衣料品チェーンが市場を席巻していますが、社員には「面白いことが起こったと思って、ひるまず仕事をしなさい」と言い続けています。なんせ「波騒(なみざい)は世の常」ですから。

私は成長力を失った事業ポートフォリオを変えなければ、と思った。だが自前で技術を磨き、新しい事業を作る従来の多角化路線ではもう遅すぎる。自由主義陣営だけでゆっくり競争できていた東西冷戦の時代とは違い、今は中国や北欧など、世界の企業と激しく競争している。そこでM&Aを積極的に活用し、時間を買うことにした。どれもキヤノンの既存事業と親和性がある。そのうえで既存事業よりも成長力がある分野を選んでいる。

上手くいっているだけではつまらない。

これからはリスクと常に向き合う覚悟が必要。

社長にとって経営経験は大事ですね。米国のHDD生産子会社の経営を任されましたが、自分で100%の判断をする立場で、損益計算書を自分で背負って走った経験は貴重です。ただ、あの会社の売却は当然の決断でした。売却を決めた日は、株式上場の説明会を始める前の週でした。米社から買いたいという要望があり、上場するよりも高い価格だから、売りました。上場するという選択肢があったことで強気に交渉できましたけれど。

内部のモチベーションマネジメントの向上は採用活動と切り離して考えられないので、採用局面も含めた改善策を練り、クライアントに提案します。

数十年単位で会社を成長させていくには「人」に尽きます。上場の目的は、資金調達ではなく、知名度を向上し、優秀な人材を確保すること。

ページの先頭へ