知識賢治の名言|男性と女性とでは、それぞれに伝わりやすい話し方がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性と女性とでは、それぞれに伝わりやすい話し方がある。それを踏まえたほうが、コミュニケーションはスムーズにいくと私は思っています。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者が分かったうえで任せて、見守り、しっかり評価して、責任は自分が取る。そんな環境でこそ、現場は思い切ったことに挑戦できる。

様々な問題に突き当たったとき、過去の解決方法を知って応用できるかではなく、いかに解決方法を考えられるかが大切。

家中の奉公人たちの中に、たとえ才能の乏しい者や、何事につけて下手な者があっても、その精神において、真心をもって仕える者に対しては、とくに愛憐の気持ちをもって扱ってやらなくてはならぬ。

「講演依頼.com」をカットオーバーさせましたが、半年間くらいは、まったく依頼がありませんでした。その間は、地道に登録講師の開拓を続けながら、ホームページ制作の請け負仕事でしのいでいたのですが、不思議と不安はまったく感じなかったです。このビジネスを成功させる自信がありましたし、これが自分に与えられた使命だと思っていましたから。

それぞれの部署で仕事をしていくうえで、一定の知識は必要でしょう。でも、業務の中で知識が求められるのは、ほんの1割か2割程度のもの。それよりも圧倒的に求められるのは「人間性」です。仕事はコミュニケーションと信頼関係の連続で成り立っています。それは、営業だろうと、総務だろうと、経理だろうと同じです。経理の知識がいくらあっても、コミュニケーション能力に欠けていて、他人から信頼されないようでは、仕事になりません。

今の時代はいかにして「顧客の視点」を持つかということです。顧客が何を求めているかを、とにかく突き詰めて考える。

僕が第一次産業の改善や地域ブランドの活性化について意見を述べたり、それをメディアで発表したりするのは危機感があるからです。たとえば、美味しい料理にはいい食材が欠かせませんが、多くの農家や漁師の方々が収入の不安定さや後継者不足などの問題に悩まされています。それをこのまま放置しておけば、この国の第一次産業は取り返しのつかない状態になって、料理人がいくら腕を振おうにも満足のいくものはできなくなってしまうでしょう。

ページの先頭へ