知識賢治の名言|話がわかりづらい人の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

話がわかりづらい人は、思い付いたことを、そのままの順番で話していることが多いようです。すると何を言っているかよくわからないうえに、印象的な言葉だけが相手の頭に残るため誤解を生じやすい。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

不要なモノの整理が、新たな仕事につながる。

多勢は勢いをたのみ、少数はひとつ心に働く。

ある企業の抱える課題について最もよく理解しているのは、その企業に20年、30年と勤め、四六時中自分の会社について考えている社員である。それでも多くの企業がコンサルタントを雇うのは、極言すれば、「自分たちがすでに気づいている課題を、気の利いたフレーズに言い換えてもらうため」だ。なかには「結論ありき」で依頼してくる企業もある。「マッキンゼーもこう言っている」と、自分たちの結論を追認させることで、組織の中に課題が浸透しやすくなるからだ。要するに、コンサルタントの仕事とはフレージングなのだ。

無名のヒトではなく個性あふれる生活者として見よ。

少し先の予定でも絶対忘れてはならない事柄は、遅くとも2週間前には活動開始できるようメモしてあります。これだけの時間があれば、多少難しい問題が生じても目途はつけられるものです。

ビジネスの拡大を目的にしても、私たちはもう頑張れません。発想を大胆に転換する必要があります。これからの時代は、イス取りゲームに参加するのではなく、自分が提供する価値に「共感」してもらえる仲間たちが、自らイスを持参してくれるようなビジネスをする。そうしない限り、つらくなるばかりです。

変化を作りだしていかないと成長は望めない。チャレンジした結果失敗しても、経営陣は覚悟して受け止めると、社員には言っています。

ページの先頭へ