松井忠三の名言|マニュアルは現場が分かっていない人が作っても使いにくいものしかできない

マニュアルは現場が分かっていない人が作っても使いにくいものしかできない。お店発のマニュアルになるよう心掛けてきました。

松井忠三 の経歴

松井忠三、まつい・ただみつ。日本の経営者。ファッション・生活雑貨の無印良品を展開する良品計画社長。東京教育大学(のちの筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(のちの西友)に入社。同社のプライベートブランドだった無印良品が独立したのち良品計画に出向し、そのまま入社する。良品計画取締役、常務、専務、アール・ケイ・トラック社長、ムジ・ネット社長などを経て良品計画社長に就任。「残業禁止」や社内総ぐるみの「作業の標準化」などを進め、同社の業績を大きく伸ばした経営者。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

言い出しっぺは失敗を認めるのに勇気がいりますから、第三者に見極めを任すというのも手です。こだわりがないので、あっさり失敗の烙印を押せます(笑)。

森川亮の名言|第三者に失敗かどうかの見極めを任せる


自分の経験を書く行為というのは、ヒーリング効果が最も高いやり方なんです。感じていること、起きたことを「言葉にする」ことは、癒やしの効果があると、研究で分かっています。そこで大事なのは、「感じていることをただ綴る」ということです。この時に注意しないといけないのは、「あの時は大変だった、でもよかったんだ」というところからスタートしないということです。「自分にどんなに辛いことが起きたのか」ということを受け入れながら、「ありのままに自分が感じたこと」を書くことが大切です。何度も書いていく中で、自然発生的に前向きなエネルギーが生まれてくるのです。

ケリー・マクゴニガルの名言|感じていること、起きたことを「言葉にする」ことは、癒やしの効果がある


企業の社会的な問題への関与には、これまで「圧力政治」「CSR」というふたつの段階がありました。企業は次の3番目の段階に進む必要があります。それは価値を共有する段階です。この段階では、企業の事業戦略と社会とを結合させ、社会問題を企業の事業活動とは切り離して別の課題と見るのではなく、事業戦略と一体のものとして取り扱うのです。

マイケル・ポーターの名言|企業戦略と社会問題の解決とを一体にする


僕らの仕事は出たとこ勝負。特にツッコミは瞬間的にパッとうまいこと言えるかどうかが勝負だから、いくらやっても細かい反省はなくならないですね。

小杉竜一の名言|いくらやっても細かい反省はなくならない


大将が文道を好むというのは、必ずしも書物を多く読み、詩を作り、故事を覚え、文字を嗜むことではない。誠の道を求め、何事につけても吟味工夫を怠らず、筋目をたがえず善悪をただし、賞罰を明らかにして、心に憐みの深いのをいう。

黒田如水の名言|大将にとっての文とは


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ