松井忠三の名言|マニュアルは現場が分かっていない人が作っても使いにくいものしかできない

マニュアルは現場が分かっていない人が作っても使いにくいものしかできない。お店発のマニュアルになるよう心掛けてきました。

松井忠三 の経歴

松井忠三、まつい・ただみつ。日本の経営者。ファッション・生活雑貨の無印良品を展開する良品計画社長。東京教育大学(のちの筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(のちの西友)に入社。同社のプライベートブランドだった無印良品が独立したのち良品計画に出向し、そのまま入社する。良品計画取締役、常務、専務、アール・ケイ・トラック社長、ムジ・ネット社長などを経て良品計画社長に就任。「残業禁止」や社内総ぐるみの「作業の標準化」などを進め、同社の業績を大きく伸ばした経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

福寿園には200年以上の歴史があるわけですが、やはりサバイバルできた一番の要因は、その時代に価値あるものを提供してきたからです。目先が利くというよりも、その時代に存在価値ある企業として生きてきた。

価値観は人それぞれだと思いますので、登場人物にも多様な立場の人を入れています。社会には自分とは違う様々な価値観がある。そこを描ければと思います。

ときに撤退することは、決して敗退ではありません。負けるにしても明日につながる負け方をすればいいんです。何ものぞみのグリーン車に乗ることだけが、大阪へ行く方法じゃないのと同じです。ひかりやこだまの自由席だって、大阪にちゃんとつきます。むしろ、お弁当をゆっくり食べて、窓からの景色を楽しみながら旅をした人の方が、いろいろな素養が身につくことだってあるかもしれないですね。

自分の頭で何も考えないのは企業の体をなしていない。

ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。

仕事や労働を我が手にすることは、その人の幸せに必ずつながります。同じく仕事によって自分を表現したいという欲求は、どんな人の中にも眠っています。

わが身の分限をよく知り、それに従って、それぞれ身を保って行くことが大切である。

ほとんどの人は、自分の成功より失敗を、強さより弱さをよく覚えていて、そこに意識を向けがちです。ある意味、このネガティブな傾向は、大切な機能(役割)を果たしているようにも見えます。私たちが成長し、直さなければならない部分に、注意を向けさせてくれるのです。

グローバルで仕事をするときは、組織内の人間同士のコミュニケーションをとることが非常に難しい。欧米の人も、日本人も、文化的なバックグラウンドはみな違います。一体化しないと、会社として動けません。

常に原点に戻れば新しい方法が見えてくる。

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。

交渉などで相手のキーマンがわからない場合、答えが準備されていない質問をしてみるといいでしょう。すると、みんながある特定の人を見ますから、誰がキーマンかわかります。

失敗は成功のもとであることをつねに念頭に置くことが大切です。思い通りの運用結果が出なかったとしても、そこからなにかしらの教訓が得られるはずですから、結果とじっくりと向き合ってください。「今回の経験から学べることはなんだろうか。次回はどんなやり方で投資したらいいのだろう?」と、自分自身に問いかけるのです。

ページの先頭へ