知識賢治の名言|話の巧拙は先天的なものではありません。誰でも訓練を積めば上手になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

話の巧拙は先天的なものではありません。誰でも訓練を積めば上手になります。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

能力主義とか年功序列崩壊とか言われていますが、能力で見るのは当たり前だと思います。ただ、会社が能力主義の点数表に書かれている項目しか見なくなると、社員も点数稼ぎに走ります。そのうち組織がバラバラになり、お客様と話していても「その件は私の担当じゃありませんから」みたいなことを平気で口に出す人も出てくる。これでは会社全体としての力が上がりません。そこを補完するような包容力のある評価を心がけたいです。

会社でも人間でも、夢や理想がなければ屍と同様である。

仕事を緊急性と重要性とで4分割すると、「緊急かつ重要」なのが第一領域、「緊急ではないが重要」なのが第二領域の仕事になります。ライバルから抜きんでるには、第一領域(緊急かつ重要)に加えて第二領域(緊急ではないが重要)の仕事をやり抜くことが必須です。商談後のメモでは「話全体のポイント」「当方がやらなければならない宿題」が第一領域、「自分なりの意見」が第二領域にあたります。ここまでメモしないと、仕事をしたことになりません。

威張らず、黙って話を聞くだけでモテてしまうから簡単ですよ。

これならできそうと思えることから少しずつ始めて継続すれば、行動パターンは必ず変わります。

おもてなしの心に基づく営業は、これまでホスピタリティがあまり重要視されてこなかった業界でも効果を上げている。あるガス会社では、家庭用LPガスを設置する男性スタッフにマナー教育を実施。結果、家庭の台所で応対する主婦層に「礼儀正しい」と好感をもって迎えられるようになり、ガス器具など付随する商品の販売額を大幅に伸ばした。同様のマナー教育は大手宅配事業者でも行われており、ドライバーの応対の好感度が、ライバル企業に差をつけるポイントになっている。

求める人材像をつかむポイントは「的を射た質問」をして、その企業の文化や価値観を引き出すこと。その企業の創業時からの歩みや、未来へのビジョンを知る質問などが有効。

ページの先頭へ