孫正義の名言|事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。

このエントリーをはてなブックマークに追加

事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々のビジネスはBtoBです。アパレルメーカーへのODMや専門量販店などに商品を納めています。その商品が売れなければ、次の取引はありません。量販店は商品の在庫回転率が命ですから、絶対に売れると自信の持てる商品ニーズをいち早くつかみ、製品化しなければいけません。つまり、店頭で消化できるヒット商品をどれだけ生み出せるかがタキヒヨーの存在価値だと考えています。

ばらばらな施設をチェーン展開すると普通はマイナスになります。ただ、そもそも日本の地方の魅力ってばらばらで、それこそ旅の楽しさなんですね。ですからどこに行っても地域らしさがあるという安心感が我々のブランドの強さになっていると思っています。

もともと様々な人から影響を受けるのが好きな性質で、上司、同僚、部下、お客様、もちろん書物からも、様々なことを学びました。「いいな」と思ったことは即座に実践もしました。

景気のせいにするのではなくて、お客さまのトレンドを常にトップが注視するのは当然。異業種の動向にだってアンテナを張っておかなければならない。

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。

もうね、清書って思った段階で、もうダメなんですよ。「いつものお絵描き」っていうふうにしていかないと、「ここ一発、いい顔描くぞ」なんて思った瞬間、清書になっちゃうでしょ。だいたいダメですよね、そうすると。

非常に厳しい状況だということはわかっています。ドコモという会社は急成長を遂げたわけですが、いま成熟期に入っています。ここでもう一度、明るく元気になって、お客様に喜んでいただける企業になりたい。そのために社員の情熱にもう一度火をつけます。それが私の使命です。

ページの先頭へ