柳井正の名言|既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

既存の枠組みを超えない限りチャンスはつかめない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他社と差別化できない企業は淘汰される。

ほとんどの営業マンは自分で思っているほどには営業にとって有効な活動に時間を割いていません。取引先に出かけるといってパチンコ屋に行ったりする営業マンは論外ですが、そういう意識的怠慢時間ではなくとも、本人や周囲がサボっていると認識していない、けれども無駄になっている結果的怠慢時間がとても多いのです。

言葉で説明し、納得してもらう努力を重ねれば、支え合う関係は構築される。それが原点だと思います。

イオンでは多額の投資を行って、独自のサプライチェーンを構築しています。流通の途中段階にある商品を含め、回収が必要になるような事態が起きた場合でも、全量を把握することができる仕組みになっているわけです。

ビスマルクは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉を残しています。個人の経験はせいぜい40~50年くらいですが、5500年に及ぶ人類の歴史の中に、学ぶべき教訓はいくらでもあります。ビスマルクの言葉は、この時間軸のことを言っているのです。それが、歴史を学ぶ意味です。

コミュニケーションの上手な人は、自分の話し方がうまいのではなく、相手が自分の言葉をどう受け止めているかを読む能力に長けていて、相手の受け止め方のタイプによって自分のコミュニケーションを柔軟に変えられる人なのです。「コミュニケーション力=発信力」というのは誤解で、メッセージを受容する側の多様性を理解する力こそ、重要なのです。

唯一の救いは、ユーモアのセンスだけです。これは呼吸を続ける限りなくさないようにしよう。

ページの先頭へ