柳井正の名言|本当のイノベーターは辺境から現れる。

本当のイノベーターは辺境から現れる。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

結局、行動観察で何をしているのかというと、現状を適確に把握するということです。仕事をもっと早くするためにはどうすれば良いのか、「上司が話しかけてくるから集中出来ない」なんて言うけれど、本当はどうなのかというのを客観的に見る。そうしたら、思ったほど上司が話しかけていないということも分かるんです。

相対的な優位性とは、生まれ持った才能や、自分がすでに保有しているものの中にあります。ところが、すでに持っている才能には目を向けず、努力して獲得したものだけが価値があると考えがちです。いわゆる、ないものねだりです。そうではなく、自分にすでに備わっているものの中から、相対的優位性が発揮できる闘い方を探るほうが、現実的であり、儲けにつながる可能性が高まります。

出資先あるいは買収先企業の販売網や人材の有効活用が、シナジーを早く実現させる決め手となります。それに対して当社の持っている生産技術、メンテナンス、サービスを絡めていくことでシナジー効果を出していきます。

リーマンショック前の数年間で、不動産ファンドやREIT(不動産投資信託)事業などを拡大してしまいました。私の判断ミスです。本業である賃貸仲介や賃貸管理を深掘りし、入居者やオーナー様に、高いサービスを提供することだけに経営資源を使わなくてはならないのに、変な下心が生じました。いまは真摯に反省しています。

再建の最中、稲盛(和夫)会長に「やっぱり苦しいです」と打ち明けたことがあります。そんな私に「君の大義はどこにある。残った社員とその家族の生活を守ることが、君に与えられた大義ではないのか。それをしっかり背負ったとき、人間は強くなれるんだよ」と諭されました。沈んだ心が鼓舞されたのを、昨日のことのように覚えています。

中国法人社長就任当初、現地スタッフは他人のせい、顧客のせいにして弁明する傾向が見られましたが、「自分の仕事にプライドを持て」と口を酸っぱくして注意すると、次第にわかってくれました。

相手のことを知るよりも、自分白身が強くなればそれで済む世界だし、それを日指した方が本筋というか、王道という気がしたんです。

釣りの会でも、俳句の会でもいい。そういった仲間意識を育てていくと、いざ困った、という時に一番正しい情報が入ったりするもんなんです。それに、そういった横のつながりを沢山持っている人ほど、歳を取っても孤立しないですみますからね。これまでの会社や仕事の縦のつながりを「横に倒す」ぐらいの意識を持ってもいいんじゃないでしょうか。

感性や感覚は誰かに命令されて身につくものではありません。自律性を高めなければ、クリエイティビティは生まれないのです。

競争相手との相対的な関係を見て、自分たちの経営資源が一体どれくらいあるのか、戦う領域をどこまで狭めるのか判断するのが経営者の重要な仕事になる。

ページの先頭へ