柳井正の名言|つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべき

つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どう仕事を進めていくべきかをよく考えないと、メリハリがつかないし、人は幸せにならない。

走りながら、検証し、すぐに変えていく。そのスピードが勝負を分ける。

外国人が常識を疑うような過大な要求をしてくることがありまが、彼らは交渉をゲームと割り切っているから、単に演技している場合が多い。合意した途端にニコニコして握手を求めてきたりします。彼らの主張や態度は割り引いて考え、冷静に対応すべきです。

元々は食器の販売をやっていました。その時に「食器がよければ、料理はおいしそうに見える」ということをセールストークに、実際に料理を盛りつけていたんです。すると意外なことに、若い女性客から「料理を教えてほしい」という声がたくさん寄せられたんです。私は肉じゃがとか目玉焼きみたいな、簡単なものしか作れません。でも、彼女たちはその簡単なものが作れない、と。正直、驚きました。聞いてみると地元には、ご飯の炊き方など、基本的なことを教えてくれる教室はないって言うんです。それで、本当にできない人のための教室にはニーズがあるかもしれないと考え、一緒に食器を売っていた女性スタッフと、料理教室を始めました。

ナンバーポータビリティ制度は当社にはいい刺激になりました。これまでブランドイメージで漫然とやってきましたが、実はネットワーク、端末、料金、サービス、コンテンツそれぞれが勝負なんだと、社員が気付いたからです。何が勝り、何が劣っているかがよくわかり、目標も非常にクリアになりました。

小さなミスを恐れて大胆な行動をとらないと、小さなミスを失点にカウントされる。小さなミスを恐れずに大胆な行動をとりつづけると、小さなミスを犯しても失点にカウントされない。出すぎた杭になってしまえば、打たれることは少ない。

気持ちが内向きになりがちな世の中だからこそ、安定志向を脱し、大きな夢を持つ。すると、不思議なことに、同じような志を持つ人が集まり、自分だけのネットワークもできるのです。

『マゼラン最初の世界一周航海』は、ちょっと経路が変わっていて面白かった本です。1519年にマゼランはポルトガルから船に乗って世界一周の旅に出ます。その船路を同行者が記述した本がこれです。この本を読んで思ったのは、結局のところ、国や時代が変わっても人間の一番の感心ごとは同じなんだなということです。

利欲にはしれる浮き世の人あさましく、厭わしく、これゆえにかく狂えるかと見れば、金銀はほとんど塵芥の様にぞ覚えし。

紹介を軽く見てはいけません。私は人を紹介するとき、私自身の信用を担保に差し出しているつもりです。もちろんリベートは取りません。その代わり、うまく運べば私自身の信用が高まります。

初対面の人と会うとき肩の力を抜くには、浅い呼吸が効果的です。あまり息を吸い込まず、長めのリズムで静かに呼吸をすると、脳からセロトニンという鎮静物質が分泌されて、自然にリラックスした気持ちになります。緊張をほぐすために深呼吸をする人もいますが、逆効果なので要注意です。

最近は「敵意識」の強い人が増えています。「自分を否定されるのではないか」と恐れ、誰もが敵に見えて攻撃的な態度に出てしまう。すると相手も反発して攻撃的になり、互いを傷つけ合って消耗してしまうのです。この状態を脱するには、自分に満足感を与えてあげること。プラスの感情が増えれば安心感が生まれ、「誰かに傷つけられる」という恐怖も和らいで、周囲を敵だと感じることも減ります。

独立したら毎日のスケジュールも自由なので、自分を律することができないとムダに過ごすことになりますし、自分の行動指針を持たねば、成果も出にくいものです。ただし、セルフコントロールできる自信がある人には、自由は大きな武器になりますし、会社勤めにはないやりがいを満喫できます。

ページの先頭へ