柳井正の名言|つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべき

このエントリーをはてなブックマークに追加

つらい時こそ経営者は誇大妄想狂になるべきです。トップが夢を実現しようといわない限り、社員は信用しない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

課題を乗り越えるためには、覚悟とそれを推進する情熱が必要。しかし、それだけでは前に進みません。人と人との信頼と運動への共感が加わってはじめて物事が動き出し、人と人とがつながっていく。

汗をかき、涙を流し、格闘する、チャレンジする、そういう人が経営者として育っていきます。

私が渡米し、無給状態を耐えて、マリナーズのトレーナーになれたのは、マリナーズで活躍するイチロー選手がうらやましかったから。目標達成のためのルーティンを継続する原動力になった。

僕もコーチライセンスを持つ監督経験者ですから、専門用語を使って解説することはできます。でも、視聴者の中には「オフサイド」という言葉すら知らない人も多い。もちろん、必要があれば解説をしますが、それが試合の「流れ」を断ち切ってしまうようなら、あえて説明しないことも大事だと思っています。

「話し方」で私が心がけていることは「主語の転換」です。「自分が何を言いたいか」ではなく、「相手が何を聞きたいか」を考えるようにしています。

単なる思いつきのままでは、周りを説得することは難しい。仮説をデータやロジックで検証して、説得力を持たせることが重要だ。最初は根拠のない思いつきであっても、「別の業界だが、このようなデータがある」「この企画には心理学の理論的な裏付けがある」と、後付けでも構わないので理論武装すれば、社内で企画を通しやすくなる。

道というものには、学者・僧侶・茶人などの風流者・礼法家・能役者などの道があるが、これらは武士の道ではない。武士の道ではないけれども、これらの道を広く知れば、それぞれに納得するものがある。いずれも人間は、それぞれの道々によく研鑽を積むことが肝要である。

ページの先頭へ