柳井正の名言|理想や希望を持って、人の力を引き出せる人でなければ経営者は務まらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の頭で考えて、実行できる人。こういうものを絶対に作りたいという理想や希望を持って、人の力を引き出せる人でなければ経営者は務まりません。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に将来へのビジョンを描いておけ。それが人々に希望を植え付ける。

愛情に基づく思いの丈が届けば「希望はよく分かる。でもこのやり方では無理だからこう変えないか」と、相手が足りないところを補ってくれる。それが自分の小さい枠より大きな仕事につながります。逆に「100%、これが正しい。この通りにやれ」と押しつけたら誰からも返事は来ない。そもそも現実には100%なんてあり得ません。

希望退職によって多くの人がやむなく会社を辞めていく姿を見て、もう二度とこんな悲しいことは繰り返してはいけないと思いました。だから、社長に就任したときにも、最初にお話ししたのは、「人は会社の命である」ということでした。経営判断をするときには、常にそのことを念頭に置いています。
【覚書き|スーパードライ発売以前、苦境に陥っていたアサヒビールで人事の仕事を担当していたときを振り返っての発言】

実績が出ないのを「仕事内容が自分に合わないから」と言っても、そんな人はどこにも相手にされません。希望の仕事でなくても結果を出すことで、周囲の評価が高まり、「じゃあ、あいつに仕事を任せてみよう」となります。転職する場合でも、実績を上げてこそ履歴書に言ける内容が増える。

生きていると言えるのは、お前の今日が明日を持っている時だけだ。

皆がやりたがることは、希望してもなかなかできません。一方、敬遠されることは挑戦させてもらいやすく、大きなチャンスをつかめる。

コーチングの概念を日本に広めた立役者で、PHP研究所顧問の星雄一さんという人がいます。星さんは同社で専務になるまで計9回部署を変わりましたが、希望が通ったのは最初の営業配属だけだったそうです。会社の命令だから文句を言っても仕方ない。星さんは与えられえた仕事をこなし、新しい部署で毎回成果をあげて最年少で役員に昇進しました。

ページの先頭へ