柳井正の名言|利益を伴っている限り、成長するほどいい。

規模が大きくなってもやることは変わらない。同じことをやって、より多くの人を幸せにできて、社会に貢献できる。利益を伴っている限り、成長するほどいい。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

マネジメントで重要なことは「行動」。「行」と「動」に尽きる。問題が起きたら、「行って動かせ、行けば動く」。わからなければ、行って聞け、聞けば必ず教えてくれる。

新たな販売チャネルとして、保険料のシミュレーションからお申し込みまでを、ホームページ上で一貫して行えるサービスを立ち上げ、ホームページ全体も「使いやすく、分かりやすく」をモットーにリニューアルし、コンテンツやデザインを整えました。

先が見えない下積み時代だったが、ずっと「真実を見よう」とする意志は持ち続けていた。見たかったのは、小説の真実。いい小説とは何か、という問いへの答え。「自分の原稿が受け入れてもらえないのは、観念的すぎるからだろうか。では、観念を取り除いたら真実が見えるかもしれない」。そう考え、模索の上に見えてきたのは「小説は描写である」ということだった。

いまや働く人の価値観はお金ではなくなっています。自己成長とか自己実現出来るかどうかということが、働くモチベーションになっている。企業もそうした方向にシフトしていかないと、優秀な人材を集めることはますます難しくなっていくでしょう。

現場経験に勝る育成方法はありません。だから、経営者人材を育てるのも、経営を実際に体験させるのが一番いいんです。

売上を伸ばしてやろうとか、一位になってやろうなんてまったく考えずに作った曲がたまたまヒットしただけ。その前にそんな努力をした時期もあったんですけど、それはぜんぜん実らなかったのにね(笑)。あれで逆に、結局僕の場合、そういう努力は無駄なんだなあということを突き付けられました。
【覚書き|「エナジーフロー」が初のオリコン一位を獲得したときを振り返っての発言】

今まで職人技術で行ってきたものをFCモデルとして多店舗展開し、結果として客層を広めるための仕組み化は、牛角の経験で培ったものがあります。実際、牛角は客層を広げることで、それまで5000億円だった焼肉の市場を5500億円まで成長させた実績がありますですから当社も独自のビジネスモデルをチェーン化させることで、マーケット規模でいうと300億円程度は広げられるのではないかと思っています。

ダイエットは食べる量は減るけれど、それは我慢ではなくて、好きなものを選りすぐって食べるということです。だからダイエットは我慢ではなく、贅沢なんです。

競合が絶対に出ないようにしています。仮に競合が出たら「フランチャイズとして一緒にやりましょう」と説くのです。

業績だけがすべてではありませんが、株主を含めたステークホルダーの目を常に意識することで、甘えを排除した経営ができると思っています。

私が住友に入ったときは第一次大戦の終末に近いころで、一獲千金の夢に大阪の財界は有頂天になっていた。商売や投機をやらぬ住友など、二流の資産家に転落するのではないかと案ぜられたこともあったが、終戦後に起こった大恐慌が、いっさいを常道に戻し、住友の関西財界における名声は、また昔にかえった。
【覚書き|住友家家訓「浮利は追うべからず」の実践例を語った言葉】

大家の小説って「おもろい」のが相当ありますよ。三島由紀夫の『夏子の冒険』なんてほとんどライトノベルですし、カフカの『変身』も、実は、読者に笑って突っ込んでほしくて書いたんだと思う。でも「純文学なんだから深くて難解なはずだ」と思い込んで、本文より先に解説読んじゃうような人がいるんですよ。途中には「名作」「文学」という言葉に対する先入観をあっさり裏切るような笑いや驚きがあって、実はそれが本を読む面白さだと僕は思うんです。

現役時代は対戦相手の相撲の形も全部頭に入れていましたから、立ち合い後は勝手に体が動く。稽古という裏付けのうえで、本能のまま闘っていました。

ページの先頭へ