柳井正の名言|働く人も経営者もサプライヤーさんも、成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

働く人も経営者もサプライヤーさんも、成長しない会社に何の楽しみがあるんですか。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

その株が今日上がるか下がるか、一週間後どうか、あるいは一カ月後どうなるかを予想するのはギャンブルと同じです。サイコロの目を当てるようなもので、長い目で見ると大きくは儲けられないのです。

私は営業マン時代にいろいろな会社を訪問する機会があり、それらの会社が掲げる社訓をたくさん見てきました。学んだのは、「長いのはダメ」ということです。長い社訓は、理解するのにも覚えるのにも時間がかかります。それでは結局、浸透しない。そう思い、様々なフレーズを考える際には、短くわかりやすくすることを心がけています。

我々は、物流だけでなく営業もチームで役割分担しています。各々に責任と権限を持ち、さらにそれぞれの社員の一番良い部分を取り入れる「ベストプラクティス手法」を採用しています。

私は本音と建前の使い分けが大嫌いなんですよ。だから全部が本音。

人の話を聞くとき、共感のリピートを入れるとより効果的です。「僕もこういう経験があるんですが、それはいまおっしゃったことと同じですかね?」と、いま聞いた内容を確認しつつ、共感を伝えるわけです。こうして相手に寄り添う形でペースを保てば、会話は自然と盛り上がっていきます。

お客さまとの信頼関係を築くには、1年に一度や二度は接点をもって、気持ちが通じ合っていることが必要。

起業して一番最初に取り扱った商材は、家業で扱っていた売れ行きが芳しくない「霊芝ドリンク」。雑誌に無料サンプル配布の広告を出したり、アンケートを取ったりと、試行錯誤を繰り返す中で、一般消費者ではなく、卸し先の薬局や酒販店の方々がこのドリンクのファンということが分かったんです。そこからはターゲットを絞りつつ、販売結果から得た様々な数値をもとに仮説と検証を繰り返しながら、細かなチューニングを施していきました。結果、数年後には年商3億円強を売上るまでになりました。

ページの先頭へ