本田宗一郎の名言・格言|一度も失敗しないよりも、倒れても立ち上がることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

わたしは、人間には持って生まれた運・不運があるということだけは固く信じる。やはり運がいいとか、悪いということは絶対あり得ると思うし、ツイている、ツイていないということもあると確信している。しかし、じゃあ、どこでどういうふうにツイていると判断するのか、なにかその物差しがあるのか、あるいは運のいい人と悪い人を見分ける方法があるのかということになると、そんなものはあるわけがないとしか言いようがない。人生は要するに向き不向きと、人知の及ばざる運・不運で決まるのではないか。そういう意味で運を信じているということなんです。

利益しか生まないビジネスは、むなしいビジネスである。

他人が賢明だと思う以上に、注意しろ。 他人が安全だと思う以上に。リスクを冒せ。 他人が現実的だと思う以上に、夢を見ろ。 他人が可能だと思う以上に、期待しろ。

本当の安定というものは成長率がむしろ不安定であるほうがいつも緊張してよいのではないかと私は思います。ニーズは待っているのではなく、こちらから見つけ創り出すものです。これが経営の要諦であり、企業も人間も一つの安定の上に座していては成長はないのだと気付きました。エビは脱皮するから大きくなるのです。

あたしはね、芸者とか銀座の女性っていうのは全然興味ないんですね。仕事に情熱燃やす女性っていうのがあたしは好きですね。

世の中は刻々と変化し、個人の力でどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落伍してはだめだ。

企業文化というのは、グロービスの場合、みんなが前向きであること、学びを大切にすること、挑戦を推奨すること、オープンにフェアにやっていくことなど、そういった方向性や環境を作っていくということ。そういった方向性や環境を作っていくということ。これには非常にエネルギーを使っています。

ページの先頭へ