下村節宏の名言|高い能力を持つ社員を赤字事業に縛り付けておいても疲弊させるだけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話事業からの撤退を決める前、とことん考え抜きました。社長であった私はと兵庫県尼崎市の携帯端末工場にまで足を運び、社員の顔を直接見て、話を聞きました。その結果、高い能力を持つ社員を赤字事業に縛り付けておいても疲弊させるだけだと悟りました。そして再配置した方がより生き生きと頑張ってもらえるという考えに至ったのです。


下村節宏 の経歴

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

特に勝負を決める大事な局面では、「周りに何を言われようとも構わない。後から正しい選択だったと言わせてみせる!」ぐらいの気概が必要。

僕の場合は能動的に、コミュニティに働きかけて変化を促す、ということはやってなくて、「今こういうモノを求めているユーザーがいるはず」と思って、場を作る。

やっぱり継続は力なりで、続けていればおのずと行く道は開かれるし、周囲もちゃんと認めてくれるものです。

いまできることも間を置いてしまえば、どんどんやらなくていい理由を探してしまいます。そして、あとでやらなきゃというプレッシャーを感じるとなおさらギリギリまで遠ざけてしまいます。だったらその日のうちに反省して、対策を立てて、翌日から実行する。改善点をすぐに見つけ出せば、日々の作業効率や勉強効率もすぐに改善されるはずです。

自分の人生を他人に委ねるのではなく、自分でデザインする。そのために、まずは自分のやりたいこと、ビジネスで成し遂げたい目標を考える。それが、強いメンタルを持つために不可欠。

従来の繊維産業、旧来の小売業にとどまっていては生きていけない。それには自らが創り出すという考え方が必要。

部下にバカにされたからといって嘆く必要はありません。上司をバカにできるということは、上役の顔色をうかがっていいなりになったりせず、自分の頭で考えて判断できる証拠。

人間には器量というものがあって、それを超えたら破滅する。多くの人が、この見分けがつかない。

私たち一人ひとりも、自分の人生においてはリーダーだということを自覚してください。そして、職場のリーダーや家族のリーダー、さらには地域のリーダーとして、周りの人々に代わって彼ら・彼女らの思いを実現していく人にならなければいけません。

スピード経営にはトップだけでなく、組織の迅速化も欠かせませんが、トップ自らが徹底してスピード感を持って動き、常に努力していなければ、組織はついてきません。ですから、私自身が仕事のスピードを上げることに執着するのです。

ページの先頭へ