本田宗一郎の名言・格言|人間の持つ可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加

やろうと思えば人間はたいていのことができると私は思っている。


本田宗一郎 の経歴

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

年功序列のエスカレーターの電源は切ってある。汗を流し知恵を出して階段を駆けのぼれ!

貧乏暇なしっていう言葉がありますが、これは本当は、暇がないから貧乏っていうことなんです。不安を打ち消すために暇なく働くことによって、考える時間を失ってしまっているんです。経営者のやるべきことは、作業ではなく適切な判断。そのためには、考える時間が必要なんです。

できない理由を並べ立てる人がいる。これでは新しい事業を達成することはできない。何もないことを前提として、目標を達成するために必要な人材や設備、技術をどう調達するかを考えなくてはならない。

失業者が出た場合、それを救済する責任は、むろん政府にありますが、IT時代においては民間が新しい産業を興し、つまりベンチャーですね。それによって新しい雇用を確保するべきだし失業者も自らのスキルを高めて、新しい労働市場に能力をかわれるようにしなければいけない。これがマーケットエコノミーであり、自己責任の原則です。

何事につけ果敢にチャレンジすべきであり、もし失敗に気付けばすぐに失敗を認め、責任は回避しないでできるだけ多くの人から修復の知恵を借りることが必要です。当然、これは職責によって違います。課員が失敗しても、課長レベルだけで修復できることは山ほどあります。同じように課長レベルで取り返しがつかなくても、部長や取締役など、職責が上がれば比較的容易に修正できることもあります。自ら最善の努力をすると同時に、まず上司に事実を知ってもらって修正法を一緒に考えてもらうのです。

記者がサム・ウォルトンに質問した。「なぜあなたはあんなにオンボロなピックアップトラックに乗っているのですか?あなたみたいなお金持ちだったら、ピカピカの高級車に乗れるじゃないですか。」するとサムウォルトンはにっこり笑って静かに答えた。「私はこの車が好きなんだよ」

さまざまな角度や尺度から、会社全体の状況を判断し、つねに先を見て改革に取り組むべきです。三年先、五年先を展望し、組織をどう変えていくか、あるいは人事制度をどう変えていくか、どういう新規分野を切り開いていくか、責任体制をどう敷いていくかなどを議論していくときに来ていると思います。そのために、海外の多様な経営手法を学ぶのも一つの方法でしょう。ただし、海外の手法をそのまま取り入れるのではなく、日本の風土や習慣とどう噛み合わせていくかを考えることが大切です。

ページの先頭へ