糸井重里の名言|「仕事」と「遊び」のあいだに、いい意味での「公私混同」があることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンもオフも明確に分けることなく、「仕事」と「遊び」のあいだに、いい意味での「公私混同」があることが大切だと思う。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大統領選挙を控えた今年、政府はこの国の経済に関して「バラ色の将来」を描こうと、次々と怪しげな数字を出してくるだろう。騙されてはいけない。身の回りの現実をあなた自身の頭と目でしっかりと見ることだ。

社会と企業との間で価値が共有されるようになるのは、社会だけでなく企業も利益を得られます。長い目で見れば、より持続可能な競争上のポジションを企業はつくりあげることができます。

おもてなしを追求することが、組織の変革と成長につながっていく。

前襟の合わせ、帯の結び、こうしたことは、柔道が強い、弱いにかかわらず、誰でも心がけしだいで、きちんとできるものです。でもやっぱり見渡すと、上達していく人というのは道衣をしっかりと身につけています。柔道というのは、ある意味、人前で自分を表現するスポーツですから、意識の高い選手は、もっときれいに、もっと完璧に、と自然に細部まで気を配るようになるんです。「これくらいでいいだろう」という気持ちの選手は、往々にして技も見た目も締まりがありません。

(大名人と謳われた大山康晴第15世名人と対局したとき)手を読んでいる気配がまったくなく、ただ静かに盤面を眺めておられた。盤面という一幅の絵画を見て、「ここにこの駒があると、より美しくなる」といった感覚で手を指す。まるで大局観が違いました。自分の力ではまだ縮めることのできない、恐ろしく大きな差があるのだと実感しました。

オリエンタルランドではここ3年間で年250億円前後の設備投資を続けているにもかかわらず、フリーキャッシュフロー(純現金収支)は3年間で計1864億円と、当初の目標より500億円以上積み上がる見通しです。こういった設備投資が可能なのは、最適な事業ポートフォリオを組むことでリピーターが増えているためです。

業績がよいときには、これ以上チェンジしないでいい、このままでいいという誤解を持ってしまう。私はこれが一番危ないと思うんです。

ページの先頭へ