糸井重里の名言|商品や物販もモノの形をしたコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、商品や物販もモノの形をしたコンテンツだと考えています。書籍は紙を買っているわけではなく、中身や内容を買っています。すべてのものが楽しむためのコンテンツなのです。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

哲学とは迷ったときに立ち返る原点のような役割を果たしてくれるもの。哲学とは人生観や価値観、「人間として何が正しいか」「人間はなんのために生きるのか」という自分なりの答えでいい。

何を志すにしろ、順序正しく進むことが一番である。これを無視すると、いわゆる豪傑肌に陥り、大言壮語をこととし、日常の些事をかえりみなくなる。

「創業は易く、守成は難し」ということわざがありますが、困難に見舞われたときこそ志が問われるのです。
【覚書き|守成(しゅせい)=事業を引き継いで守ること】

チームとして成果を出そうとすれば、適材適所で、それぞれの強みが生きるように仕事を振っていく必要があります。その結果として、優秀な部下ほど重要な案件を手掛けることになるのは仕方がありません。実績のなかなか上がらない部下にもチャンスを与えて成長を促しつつ、チームとして最高の成果が出せるように仕事を上手く割り当てていく。矛盾する二つの課題をバランスよくコントロールしていくのが上司の役目です。

残念ながら私は歩けません。ただ、歩けなくても話すことはできるし、聞くことも見ることもできる。自分に残された能力の中でできることがあれば、全力でそれをやりたい。

いかに現場の人の生産性を上げ、不良率を下げつつ、いい仕事をしてもらうか。これこそが管理者の仕事の本質。

少なくとも自分の持っている7割ぐらいの時間と情熱を傾けなきゃ勝てない。頭の中をボクシングでいっぱいにしなきゃ世界は狙えない。

人々に喜ばれるような企業でなければ、結果的に存在価値が無くなってしまう。

ヤマト運輸は戦前、関東一円にネットワークを持つ日本一のトラック輸送会社でした。その成功が災いし、長距離輸送に出遅れました。社長だった父、康臣を説得して東京大阪間の免許を申請したのは1957年のことです。すでに西濃運輸など長距離輸送で先行した会社が、厳しい競争を繰り広げていました。

私たちは、マーケティングから設計、製造、アフターサービスまで一貫してやるので、全社員がひとつの方向を向いて、高いモチベーションを持つことが大切です。

ページの先頭へ