柳井正の名言|考えてもわからないことはサイコロを振れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

即断、即決、即実行。考えてもわからないことはサイコロを振れ。またわからなかったら周囲の人に聞け。今はスピードが大切。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今回は語ることや読むことを巡る小説になりましたから、やはり、自分はなぜ物語を描いているのだろうと改めて考えることになりました。それで自分の場合には「読まれるため」に書いているのだと再確認して、あとはやはり些末なことだと捉えたんです。

もしティアの会館の近くに、大手のライバル企業が会館を建てたとしても、ティアがお客様からの信頼を得ていれば、負けません。だから人材育成はビジネスをするうえで、非常に重要なのです。

感謝の心を持つ人のまわりには自然と人が集まり、リーダーシップが発揮される。

自分の意見を簡潔にまとめるのに一番いいのは書くことです。私は、会議で部下から報告を受けても、話がまとまっていない場合、途中で遮って、5~6個のキーポイントに整理し直してから、もう一度出直せと叱ります。これを何度かやると、かなりできるようになるんです。書いてみると、キーワードと無駄な言葉の区別がはっきりしますから、考えをそれだけ結晶化させやすいんです。

伝統的な日本の幸せのイメージだけでは危ないし、その通りに生きていたら、自分や自分の愛する人を守れない時代になっている。でも、それをポジティブに考えて、過去に囚われず、人生の選択をして欲しい。

今回手がけた「あらしのよるに」も、古来歌舞伎に登場してきた狐の「型」という表現法があったからこそ、その表現をオオカミやヤギに変化させるという発想が得られた。歴史に支えられ、守られているという想いが常にあるからこそ、伸び伸びと新たな発想を抱くことができる。

良い結果も悪い結果も、善行も悪行も、社会に対する個人の心の投影だ。だから、心が良い活動イメージを持っていなければ、自然と変な方向に向かい、悪い結果をもたらす。

ページの先頭へ