柳井正の名言|よりすごい会社を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

これで安心してはいけません。世界にはまだまだすごい会社がある。世界に通用する会社になるには今のままではいけない。将来に向けて自分たちを変えていかないと。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

運命には、どうしても逃れられないものと、それから逃れられるものとあるんです。つまり、身をかわしきれないものとかわし得るものとある。かわしきれない運命は「天命」という。絶対的なもので、これは人力ではどうにもしようがないもの。

自分の収入を、労働時間で割れば、時給がわかります。その時給を意識すれば、こなすべき仕事に優先順位がつけられるはず。

ちょっとした効率化をしているかどうかで、大きな差がつくもの。

海外進出で大切なことは、需要を確認することです。需要は顕在需要と潜在需要の2種類があります。顕在需要があれば、進出は容易ですが、すでに市場があるので競争は激しくなります。そこで競争に勝つための差別化が必要です。一方、我々の場合は潜在需要でした。この場合は最初からあまり大規模に進出するのではなく、需要を確かめ調査やテストを繰り返しながら展開します。

僕は中学高校が開成なんですけど、先輩が現役の生徒向けに話をしたときに「開成の最もいいところは理不尽なところだ」と。開成って、先輩に「やれ」と言われたら、やらなきゃいけない。いまだにそうなんですよ。この年になっても、先輩から何か言われると抵抗できない。もう理不尽極まりない。ただ、それを中高の間に体験できたのは、すごくよかった。

付き合っている人たちが同じ顔ぶれで、情報交換していても発展性はない。だから、縦と横の人脈を形成する場を、私が提供していきたい。そして大先輩の方々には、逆に言うと、そういう若い人の意見を直接聞ける機会にもなるので、双方にとっていい関係性ができればなと。

有効な対策を打つには因果関係の正しい理解が必要。

自分が一番だと思うことは大切ですが、自分は100点満点だと思ってしまった瞬間に成長は止まってしまいます。

我々(日本と日本企業)は今、崖っぷちに立たされている。楽観的に将来を考えるのはもう限界だろう。

私は部下たちに、自分の家族を大切にする人になってほしいと願っています。自分の親や家族を大切に思う気持ちを持てない人が、同僚やお客様を真に大切にできるとは思えません。逆に、人を大切にできる人というのは、仕事の上でもプライベートでも、周りから愛されるに違いありません。

ページの先頭へ