柳井正の名言|よりすごい会社を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

これで安心してはいけません。世界にはまだまだすごい会社がある。世界に通用する会社になるには今のままではいけない。将来に向けて自分たちを変えていかないと。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大学を卒業してから飲食一筋。人と違うアイデアを思いついて実行しても、すぐに真似されて競争が激化する厳しい世界です。そこで、ガムシャラにオリジナリティを追求することに全力を注いできました。

海外店舗の成功の秘訣は、日本人が食べて美味しいと言われる店をつくること。日本人は世界で一番味にうるさい。その日本人に評価されなければ繁盛店はつくれない。

化粧品市場は巨大ですし、参入企業も多く、我々など吹けぱ飛ぶような存在であるのは重々承知していました。ですが、女性の美に対する欲求は本当に切りがなくて無限と言っていい。世の中にはいろいろな商品がありますが、それでも100%は満足していないんですね。逆に言えば、何か新しい打ち出し方ができれば、成功のチャンスは十分にあると思っていました。

シェアの奪い合いにばかり組織の目が向くと、結局は価格などの条件競争になってしまい、会社が疲弊してしまう。そんなことはお客様も望んでいないはずです。お客様が求めるのは、ビール会社が価値競争をして、よりよい商品をマーケットに提供してくれることです。その本質を見誤ってはいけないと思いますね。

私は様々な分野に手を出しすぎて反省しています。全く違うビジネスに挑戦すると、勉強しなくてはならず、大変ですから。それでも、まだ新しいことにチャレンジしようと考えています。

完璧な美人が意外と記憶に残らないように、バランスが完璧だと逆に印象に残りにくい。だから、愛嬌のあるバランスの崩し方をいつも心掛けています。でも、調子に乗って「好感を落とす」ことにならないよう気をつける必要がありますが、そういうことも正直なところたまにはあります。

経営の基本とは、ビジョンを打ち出し、戦略によって重点的に投資する分野を絞り込み、経営資源を集中して投入していくことにほかなりません。経営の神髄はこの重点化にあります。

ページの先頭へ