柳井正の名言|人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは考えすぎたり、迷ったり、こだわっているうちに、いつのまにか頭も身体も停滞してしまうことがあります。わだかまった感情の流れを、自らの意志で断つ。次なる行動に向けて。「思い切る」とは、言わば心の断捨離です。

同じ場所を訪れて、同じモノを見ても、そこから何を得るべきかという自分なりの問題意識を持つことは大事でしょう。

日本人社員にとって、外国人と働くことは刺激になります。

相談されたり、頼まれるのは、必ず理由があります。その理由は、自分では気づいていない「自分の良い評価や才能」だったりするかもしれません。断ることが、自分で評価を上げるチャンスや成長の機会を奪う行為だと考えれば、それがいかに「もったいない」か分かると思います。

投資事業というと、それだけで誤解を招きかねない部分もありますが、私がやりたいのはデット(銀行借り入れ)やエクイティ(株式)をバランスよく活用しながら企業の成長を促し、お客さまはもとより、従業員など関係するステークホルダーにとっての価値の最大化を目指すという企業再生の王道を行くことです。ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが大きな目標です。

想像力がなければ創造性など生まれてくるわけがありません。

私たちが長く抱いてきた「男の子」「女の子」といういわゆる固定観念から抜け出すことができれば、それは男の子にとっても女の子にとっても選択肢が広がることを意味し、そうなれば誰もが性別にとらわれることなく、自分の希望や才能に応じた期待や志を追求できるようになります。それはより豊かな活力ある社会を築くことにつながります。そのことを私は強調したい。

ページの先頭へ