柳井正の名言|人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブレずに理念を語ること。これは、実績がなくてもできます。「ビズリーチ」の場合は、ブラックボックス化している転職市場を可視化することで、企業には採用力を、求職者には自立したキャリアデザインの選択肢を与えたいという明確なビジョンがあります。私は会社の代表としてこのビジョンを発信し続けています。「このコンセプトはいいね!」「それは面白そうだね!」と思ってもらえれば、いろいろな人が集まってきて、ビジョンを実行できる土台が揃ってくるのだと思います。

全社員の意識改革に最も効果があった施策のひとつが、本社の移転と社名変更でしょう。社名の由来となった京都・御室(おむろ)の仁和(にんな)寺の近くから、京都駅前、つまり表舞台に本社を移しました。また、立石電機からオムロンに変えることによって、社員から見れば「創業家の会社から自分たちの会社になった」わけです。いずれも創業者(立石一真)が健在なうちに実行できて、本当に良かったと思います。

学歴もなく、これといって能力もない人間が勝つためには、人の倍働けばいいということを私は丁稚奉公時代に悟りました。

僕は放送作家という仕事に対して、検索エンジンに近いイメージを持っています。まず企画に関係するキーワードを書き出し、そこから連想する言葉をどんどん思い浮かべる。その中から展開できそうなものを選んで、発想を広げていくのです。でも、頭の中にデータがいっぱい入っていない限り、検索はできません。

すぐにカッとなる性格を直すのは簡単ではありません。まず重要なのは、「自分はすぐにカッとなる性格をしている」という本人の自覚ではないかと思います。自分の性格と向き合い、すぐにカッとなる傾向があると認めること、そして本人もできればそれを直したいと思っていること、直すためには「意思の力」が必要なこと、という風に段階的に進めれば理想です。

中の人だったら、しがらみを切ることはできない。やはり、自分が大事ですから。外から来られた方にバシッと切られれば、時には悔しいこともありますが、やられてみれば「なるほど」と思うことがたくさんあるわけでして、これは大きなポイントでした。
【覚え書き|樋口廣太郎社長時代の経営再建について】

ローカルの世界では、グローバルの世界のように複雑で最先端な戦略論は求められない。サービス業などの現場型の事業が多いので、真面目にコツコツとPDCAを回し続け、オペレーショナルエクセレンスを実現するほうが大事。

姿勢を正して話を聞かなければ、物事が入っていかない。

日本人は政府に税金を納めたら、政府が何に使おうと無関心である。自分が義務さえ果たしたら、それでいいと思う。ところがアメリカは違う。税金は自分たちが生活や事業を営むうえで必要な政治をやってもらうためにあるのだと考えている。

ブリヂストンらしさには、品質のほかに、継続して改革していくという価値観がある。だから我々経営陣も日々、経営を改革する義務がある。もっともっと上を目指さなければいけない。

私はゴルフ倶楽部では一切、保険の営業をしません。保険について聞かれたらアドバイスをさせていただく程度です。本当は喉から手が出るほどお客様になっていただきたい方もいらっしゃいますが、ぐっと我慢しています。損得の関係が一切なく、本気でプレーしているので、純粋にゴルフが楽しいんです。だから本音でいろいろ話せるし、親しくなれるのだと思います。

若いときは自画自賛というか、独りよがりな企画を持っていきがちです。本人はやる気満々で「これ、いいと思うんですよ」とまくしたてるのですが、客観的な根拠が不足していることが多く、決裁者が判断するのは難しい。そんなときは「君はいいと思うようだけど、なぜ?」と答えるしかありません。

従来は、マスメディアを通じて商品を認知させ、プロモーションで購入を促す、というように、消費者の情報接触から購買までの流れを企業がコントロールすることを前提に行われてきました。しかし、クチコミという、企業がコントロールできない情報を用いて購買に至る消費者が登場している現在は、各段階のコミュニケーションを連動させ、情報が消費者を通じて潜在顧客に流れるサイクルを循環させていくことが重要になります。

ページの先頭へ