柳井正の名言|人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

人生は一回しかない。自分の可能性を試して欲しい。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営統合の際、大丸、松坂屋とも担当者が「システムの統合には3~5年はかかる」と訴えました。しかし、これでは全く話にならない。「何を言っているんだ。責任は全部私が取るから思い切ってやれ」と叱咤したものです。松坂屋から見れば、「このおっさんは何を言っているんだ」と思ったことでしょう(笑)。しかし結局、1年でシステム統合を終え、問題は何も起こりませんでした。

奥田務の名言|担当者の尻を叩くことが大切


独自のデータベースを作ったところで、大企業へ売り込みました。ところが全くうまくいかない。バイイングパワーが無いので価格競争ができないし、システムの使い勝手も悪かったので、見向きもされませんでした。そこで方針転換し、中小企業に集中することにしました。間接資材のメーカーや問屋の営業マンは、1回当たりの購入額が大きい大企業に集中しがちです。そのルートから外れた中小企業向けに、通信販売の仕組みを提供できればビジネスになると考えたわけです。

鈴木雅哉の名言|上手くいかなかったら方針転換


3年半ぐらい前は、新作小説を出版しても最寄りの書店に全然置かれないという状態でした。だからどこからもリアクションがない。文学賞みたい強ものに引っかかるのを漫然と期待しながら書くのはもう止めよう、でも紋切型のエンターテインメントを書くのも嫌だ、と。それで、ポップな感じで読める純文学作品にしよう、という考えが浮かびました。

羽田圭介の名言|リアクションがなければやり方を見直す


今後、多様な人たちでチームを構成していく中、これまで男性管理職が得意としてきた体育会系リーダーより、女性が得意とされる「共感・支援型」のリーダーが必要となってきます。ぐいぐい引っ張るのではなく、手を伸ばして支えるリーダーです。

麓幸子の名言|ぐいぐい引っ張るのではなく、手を伸ばして支えるリーダーが必要


仕事の効率を上げるには目先の仕事量を減らすのではなく、仕事の本質的な部分を任せられるような人になればいいのです。言い換えれば、本質からズレた仕事を「とりあえずやっておいて」と頼まれる人ではなく、「あの人にはこの大事な仕事をやってもらおう」と頼まれる人になるということです。そうすることで、短期的に仕事が増えることがあっても、中長期的には仕事の質は高まり、仕事の効率が上がります。

御立尚資の名言|仕事の効率を上げるには、本質的な仕事を任せられるような人になればいい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ