柳井正の名言|金儲けのための事業は一定のところまででお終い

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は金儲けの手段として事業をやる人が多すぎます。それでは一定のところまででお終いだし、自分が死んだら終わりです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

意外に思う人もいるでしょうが、実は社長の中にもグズは多い。基本的にはグズと言ってもいいかもしれない。デキる経営者は自分の性分を理解しているから、自分がグズでいられないような外部要因を設定するのです。例えば休みの日、気を抜いていれば一日寝て過ごすこともあるかもしれない。そんなときは、朝から予定を入れてしまうのです。後回しを避けるためには、まず締め切りを設けること、リストにして見える化することが重要になってきます。

僕は20代のころ、かなりの量のビジネス書を読んでいました。そうして尊敬できる経営者やビジネスパーソンを見つけて、本などでその人の考えをより深く知っていけば、自分の中に有効な判断基準をつくれるのです。

何でも本気になったらいけるんや。

社長の熱心は、社員にうつる。熱心にやっておるから、皆がそうなる。我がことのように、皆がやっていくようになる。

自らの欠点を認めて進化できる、成長余力のある人材があってこそ、企業は成長し続けていける。

擬音にジェスチャーを加えると、イメージがより明確に伝わり、相手の印象に残る。言いたいことをストレートに伝達でき、同時に笑いを取ってお互いをリラックスさせることもできる。「擬音+ジェスチャー」は一石二鳥のスキル。

店内では気兼ねなく、ゆっくり過ごしてほしいですね。ここで夢を語りあってもいいし思案してもいい。夢はどんと構えないと実現できませんよ。

報告をするときには、上司の性格を把握して、その人の性格に合わせた伝え方をすることも重要。

図解で記憶すると、情報をまとまったストーリーとして理解・記憶できるので、いざ思い出そうとする時に、キーワードの1語をきっかけにして全体の情報を引き出しやすくなる。

これからの時代に、イノベーションを生み出す人材に必要とされる専門分野は科学、テクノロジー、工学、数学。こうした分野に関連する学校の科目は、世界中のどこの国でも、子供たちにとって難しく、ストレスを感じながら学ぶものです。そこで、プログラミングしたコンピュータと組み合わせて、思いどおりに動くロボット作りを通して、楽しみながら学べるようにと考られているのが、当社が使っているカリキュラムです。

ページの先頭へ