篠原欣子の名言|こちら側で誠意を尽くせば、相手もそれを受け入れてくれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちら側で誠意を尽くせば、相手もそれを受け入れてくれる。


篠原欣子 の経歴

篠原欣子、しのはら・よしこ。日本の経営者。人材派遣会社「テンプスタッフ」創業者。神奈川県出身。高木学園女子高等学校卒業後、三菱重工業勤務、スイス・イギリス留学を経てオーストラリアの市場調査会社ピーエーエスエーに入社。同社の社長秘書を務めたのち、帰国してテンプスタッフを創業。住居兼用の小さな事務所からスタートし、同社を東証1部上場企業に育て上げた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コミュニケーションの基本は、お互いに「わかり合っている」という意識。

正直にしよう。正直であることは雄弁と徳業との秘訣であり、正直であることには道徳的な影響力がある。真実は雄弁と美徳の秘訣であり、倫理的根拠の基礎であり、美術と人生の極致である。

私は朝早くから工場に行き、職長たちと親しみ、晩は職長たちを呼んで茶菓をだして話を聞いた。経営の核心を知るために、原価を的確に知りたく、原価計算も研究した。私のこうした仕事ぶりは、周囲に好感をもって迎えられた。職長たちも、今度の人は前の人たちとは違う、よく話の分かる人だと褒めてくれた。
【覚書き|日本陶管で高浜工場長に就任したときを振り返っての発言】

学校じゃ、簡潔に話せ、控えめに話せなんて教えるだろ。これがいけないよ。だから立派な大学を出た政治家にも、自分の言葉でまともに話せるのがいないっていうお寒いニッポンになっちゃうんだ。言葉は聞くそばから消えちゃうんだよ。10を額面通りに言ったんじゃ、1か2しか残っちゃいないよ。しゃべるときは、10のものを100にも1000にも膨らませられなきゃ駄目だ。

人間のもとに誠実や正直が存在した限りでは、顔による言葉もまた存続した。しかし人間が自分自身を愛して隣人を愛さなくなって、人間の心が、語ることと別なことを考え始めるや、口による言葉が発達して顔は沈黙し偽るようになってしまった。

あなたの友人への忠告は密かに行い、称賛は公に大々的に行え。

笑顔に関して重要なポイントがある。笑顔を作るように努力するだけでなく、なるべく大きな声で笑った方が、2倍も、3倍も効果があるのだ。顔だけで笑いをつくろうとすると、ときとして、冷たいような、作り笑いになってしまうことがある。きちんと声に出して笑うようにすると、あなたが喜んでいることが、相手にも一目瞭然となる。

ページの先頭へ