スティーブ・ジョブズの名言・格言|交渉は相手の痛いところを突く

このエントリーをはてなブックマークに追加

盗んだものを驚くほど効率的に配布できるシステムがある。インターネットと呼ばれているシステムだ。インターネットが閉鎖される可能性はない。
【覚書き|当初iTunes StoreはCDセールスにこだわる音楽業界に不評だった。上記はiTunes Music Storeを売り込んだ際の言葉。当時はファイル共有ソフトナップスターが音楽を無差別配布し音楽業界の脅威になっていた。※ナップスターはのちにシステム変更で合法ファイル販売サービスになってDOCOMOと提携にまで至っている】


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

サムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)がセールスの第一義なのです。これは、今流にいえばニッチです。ただ、トランジスタラジオのように最初はニッチ商品であっても、次第に大きく成長し、ニッチではなくなる商品もあります。

ひとつのことに打ち込み、それを究めることによって、人生の真理を見出し、森羅万象を理解することができる。ひとつの仕事や分野を深く追求することにより、すべてを知ることができる。広くて浅い知識は、何も知らないことと同じだ。

上からの命令をじっと待っている指示待ち族はいりません。自分で考えて自分で動き出す人が欲しい。

もし、利益の追求が会社の基本的な目的となっていないのであれば、利益がもたらされるというのは偶然の結果でしかありません。利益を上げようと努力しないで、どうやって利益を得ることができるでしょう?魔法でも使わない限り、そんなことはできません。

僕がいつも言っているのはファンづくりです。「あなたのアドバイスを受けて買いたい」と思われるようになろうということです。やさしさや親切、丁寧な心、そういうものを大事にしたい。それはマニュアルで管理できるものではありません。マニュアルにあるからするということであれば、むしろしないほうがいい。

私は決して全力疾走するつもりはない。やりすぎれば反動が来ます。しっかりと自分自身の手綱を引き締めて、平凡の非凡に徹しながら、素直にほどほど哲学を貫いていくだけです。

たとえてみれば木綿着のようなホテルにしてほしい。木綿でも、織とか染め柄によって、高価な絹織物よりも、遥かにいい効果が出せるのだから。

ページの先頭へ