スティーブ・ジョブズの名言・格言|他業種から参入し、業界の常識を覆す

音楽業界の転換点として歴史に残るだろう。これは間違いなく歴史的なものになる。大げさに言っているのではない!(覚書き|音楽ダウンロード販売サービスiTunes Storeをスタートさせた時の言葉。このあとiPodだけでなくiTune Storeから多くの利益を得、アップルが再び表舞台に復帰することになる。また、iTuneが音楽流通を変えることとなる)

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現在、実際の経済はどうかというと、計り知れない事態が発生してきています。分離が経済をむしろ自己破壊的な方向へ導いていると言っていいかもしれません。そこで出てくるのが「非分離」です。モノには経済性だけでは計れない多元的な価値があり、経済とは、画一的なものではなく、個々の活動それぞれが、個性を持った具体的な事象なのです。これからは、周囲の自然環境や社会環境を踏まえた「非分離」な経済の構築がされていくでしょう。

福原義春の名言・格言|経済性だけでは計れない時代に


日本特有の慣行ややり方は従業員が生活に困らなければいいというものではないでしょうか。経営者はただ自分が財産を稼げればいいという考え方です。これではいけないんじゃないか、そろそろ目を覚ますべきだと思います。

孫正義の名言格言|日本の経営者は従業員との関係を変える時期に来ている


社長を長くやると、当たり前ですがまず年をとる。年をとればボケてきます。しかも、現代の社長は外国為替、コンピュータ、新技術とろいろな分野で高度に専門的な判断を迫られます。知力も気力も充実したテクノクラートでないと務まらないんです。社長業を長い間楽しんでやる人がいるとすれば、それは働いていない証拠です。

藤崎章の名言格言|社長業を長い間楽しんでやる人がいるとすれば、それは働いていない証拠


創造という言葉を考えてください。創造の「創」には、「つくる」という意味と「きず」という意味がある。時代劇にあるように、刀で切られた刀創(かたなきず)は焼酎をパッと吹いてサラシを巻き、死んでたまるかと言っているときれいに治ります。死んでたまるかという思いが、生命力になり、肉を噴くのです。

長谷川武彦の名言・格言|創造の創には傷という意味がある


社外の専門家の意見も十分に聞く。一つの意見に飛びつき足る事は絶対にしない。そして熟慮してひとたび決断すればいかなる決断も逡巡も許さず断行する。こうした覚悟で下した決断はまず十中八九成功する。トップの決断とその成功の積み重ねが社員との間の信頼関係を生むことになる

佐伯勇(近畿日本鉄道会長)の名言格言|迷わず正しい決断をする方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ