スティーブ・ジョブズの名言・格言|どんなものにもデザインを

画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう(覚書き|Mac OS Xのユーザー・インターフェースAquaアクアに関するコメント。パソコンを事務用の機械ではなく、生活に楽しみを与えるものと捉えている氏の発想が垣間見れる)

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業は仲良しクラブでは駄目。激動に耐える戦闘集団でありたい。現状打破には勇気がいるが、これはやらねばいけません。合理化に終わりはない。社長が問題意識をもつところに必ずその余地がある。

岩本賢太郎の名言格言|合理化に終わりはない


ゲームソフトについては今後、売れるものと売れないものの差が歴然としてくる。毎年、多数のソフトが出回るが、ヒット作品の種類は減るだろう。ただ、売れ筋の製品の販売本数は落ち込むことはない。一番遊びたいと思うソフトは景気が悪くなっても懐が悪くなっても消費者は購入する。

山内溥の名言・格言|不況になっても売れるもの


既存の観念に固執するのではなく、必要なのは将来のあるべき姿を展望し、それに対処していける感覚を身につけること。

永山時雄の名言格言|将来のあるべき姿を思い描く


一つの仕事を守るための厳しさ、苦しみを味わうくらいなら、むしろ事業をより安定させるための苦しみを求める方が賢明ではないだろうか。【覚書き:ニッケル輸入制限が制定され、主力製品の発電ランプが作れなくなってしまった時の言葉。決まってしまったことはしょうがないので別製品へシフトすべきと主張】

井植歳男の名言・格言|経営者は守る苦しみよりも進む苦しみを求めろ


アメリカはまったく逆で、個人が個人の責任において何かをする。だから、ビジネスの場合では、個人が大きな仕事をゲットしてくれば、それに見合うような大きな報酬がある。そこに日本とアメリカのはっきりとした違いがあります。

寺澤芳男の名言 格言|日本企業でアメリカ式の個人責任が根付かない理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ