スティーブ・ジョブズの名言・格言|どんなものにもデザインを

このエントリーをはてなブックマークに追加

画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう(覚書き|Mac OS Xのユーザー・インターフェースAquaアクアに関するコメント。パソコンを事務用の機械ではなく、生活に楽しみを与えるものと捉えている氏の発想が垣間見れる)


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

先見性や発想力があっても、努力の裏付けがなければ経営者にはなれない。

学問なり技術があるということは立派なことにはちがいないが、それを人間のために有効に使ってはじめて、優れた人間だということができるのだと思う。何よりも大切なのは人を愛する心ではないだろうか。

取締役で北米部長のころに120億円の損失を出す大失敗をしたことがあります。北米航路のコンピュータシステムの開発を日本本社のシステム部に任せていたのですが、世界最先端のロジスティックス(物流)が必要とするシステムに対する理解が得られないし、間に合わないと思ったから、定期航路部門の部長である自分自身がやるって言ってしまったんです。アメリカ人のエキスパートを集結してアメリカに会社を作って、アメリカの最先端技術で北米航路のシステムを作ろうと考えたのです。ところがニューヨークで1000人以上の専門家が二年かけて最先端のシステムを完成したつもりだったのに、テストランしてみるとうまく動かない。結局元のシステムに戻す結果になってしまいました。

人間というのは能力に限りがあるんです。だから、背伸びせず、自然体で地に足をつけて誠心誠意仕事をしていけばよい。

小事は情で処し、大事は理をもって決す。

十代で起業した理由は、営業の世界へ入ってそれなりに自信をつけたこと。ただ、300万円ないと有限会社にならないとか、1000万円ないと株式会社ができないということはまったく知りませんでした。いま振り返ると、「考え過ぎることなく動きながら考えた」のがよかったのかもしれません。

私は自分と同じ性格の人間とは組まないという信念を持っていた。

ページの先頭へ