スティーブ・ジョブズの名言・格言|どんなものにもデザインを

このエントリーをはてなブックマークに追加

画面にはとても見た目のよいボタンを配した。思わずなめたくなるだろう(覚書き|Mac OS Xのユーザー・インターフェースAquaアクアに関するコメント。パソコンを事務用の機械ではなく、生活に楽しみを与えるものと捉えている氏の発想が垣間見れる)


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最初からできないことを前提にせず、どうしたらできるかを考えて欲しい。不可能と困難は違うのだ。

自分の周りにある時代の流れを読んでいかなくちゃいけない。時代の流れを読みながらも、みんなと同じことはしない。みんなと同じことをしても、情報にはなりません。珍しがられない。同時に一番大切なのは、自分がプロデュース側から、それを使う立場であるお客様側にふっと入れ替わることです。

自分から本物になろうという訓練が出来ていないと目先の利益にとらわれてしまう。最近政治家、経営者の中に利に世話しすぎる人が目立ちます。

一番乗りは牡蠣を得るが、ニ番目の人は貝殻しか得られない。

カニは己の甲羅に似せて穴を掘る。要するに、分相応を守ってきたんだよ。
【覚書き:オカモトの50周年に語った言葉】

傍観者ではダメである。どんな仕事でも、当事者になることが肝心である。

誰かに腹を殴られ、息ができなくなったような気分だ。私はまだ30歳だ。もの作りを続けるチャンスが欲しい。少なくとも、頭の中にはもう1つ、素晴らしいコンピューターの構想がある。アップル社は私にそれを作るチャンスを与えようとしない。(覚書き|アップル社を追い出される直前に発した言葉。氏の自由奔放な発言によりアップルの役員会はジョブズを解任するも、数年後アップル衰退が進み改革のために氏を呼び戻すこととなる。素晴らしいコンピューターはiMacのこと)

ページの先頭へ