スティーブ・ジョブズの名言・格言|他業種の才能をヘッドハンティングする

残りの人生も砂糖水を売ることに費やしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか?(覚書き|米ペプシコーラ社のマーケティングプロモーションのトップであったジョン・スカリーをアップル社のCEOにヘッドハンティングしたときの言葉。スカリー氏はコーラの銘柄を伏せて試飲させるという広告業界で有名なコマーシャルによって、ペプシがコカコーラ社を追い抜くきっかけを作った人物)

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。

渋沢栄一の名言・格言|失敗する事業の特徴


企業を継続し、かつ成長させていくには、目に見えない大きなプレッシャーがある。焦りや、世間に認めてもらいたいという功名心が二代目経営者の最も陥りやすい間違いです。私の「ほどほど哲学」は、こうした誤りをしないように、自分を戒める意味としても使っているのです。

青井忠雄の名言・格言|プレッシャーに負けないようほどほどにやる


すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

スティーブ・ジョブズの名言・格言|天職を見つけるのを諦めない


企業は愛されるだけでは駄目だ。尊敬される怖さを持て。

五島昇の名言格言|愛されるだけの企業ではいけない


どれほど一生懸命に作られたものであっても、売れない物は売れないというのが商売の世界です。商いというのは自分たちが作ったもの、提供したものに対して、お客様が価値を認めてくれて初めて成り立つ。お客様が認めてくれなければパッとダメになってしまう。それが原点です。

伊藤雅俊の名言・格言|商いはお客様が価値を認めてくれてはじめて成り立つ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ