スティーブ・ジョブズの名言・格言|要注意人物を経営に加える

このエントリーをはてなブックマークに追加

私がここに戻ってから、当社を呑み込もうとする連中がいなくなった。どんな味がするのかと恐れているのだと思う。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

インターネットをコミュニケーションの道具以外に活用しようと思った。

上から与えられるのでは駄目だ。若い人たちが自分たちで獲得するものでなくては、エネルギーは出ない。労使関係は信頼関係によって成り立つもので、それは労使交渉を通じて、労使双方が真剣に切磋琢磨することから生まれる。

自分だけが得をしようと思っても無理。いまは協調しながら自らも栄える時代。

自由への最初の道は生存能力だ。

大多数の日本企業は、いまだにクライアントサーバー型にとどまっていて、作業や仕事を同時進行し、同期化する感覚を持てずにいます。ですからリーダーについても柔軟に考えることができない。リーダーはその仕事にふさわしい人がなればいいし、これからは一人一人が全体最適を考えながら自立し、その力が有機的につながっている会社を目指すべきだと思います。

思えば、私のこれまでの人生は、先輩、同輩そして社員とたくさんの人たちの協力援助によって支えられてきました。満州に生まれ育ち、戦時中は学徒動員で海軍予備少尉として駆逐艦に登場、呉軍港で大爆撃を受けて多くの艦艇が沈んだ時も、九死に一生を得た。幸運に恵まれていたのです。

何事も小さな仕事に分けてしまえば、特に難しくない。

ページの先頭へ