孫正義の名言|株主に散々言われて襟を正すことが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

1年に1回、株主総会で株主に散々言われて襟を正すことが大事なんだ。そんな厳しいことを言ってくれるのは身内か株主くらいしかいない。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大事なのは、上司が「部下に成長してもらいたい」という志を持っているかどうかです。それがあれば、たとえ少々厳しいことを言ってしまったとしても、相手は「成長してほしくて言っているんだな」と、あなたの思いを感じ取ってくれるはずです。

待遇のよさだけでは人は来ないよ。人はみんな基本的に、自分に合っていて、自らの力を伸ばせる仕事を探しているものなの。だってスキルアップを感じられる仕事のほうが、やってて楽しいからね。

多くの優れたものに接していると、やがて本物にはジャンルを超えた共通項というべきものがあることに気づくようになります。すると、機械の図面を見ていても、経営計画書を見ていても、本物と偽物を直感的に見抜く力が身につきます。冗談のような話ですが、これは私の実感です。

大切なのは「顧客にとって何が価値か」ということです。

私はコーチとしてよく叱ります。基本的には言いたいことは我慢しません。本音をズバズバ言います。嫌われるのは大いに結構。「好き」だなんて言われたら、キツイ練習をしにくくなりますから(笑)。

企業で一番大切なのは経営者が見えることだろう。どんなビジョン、どんな世界観をもって、リーダーとして、人間として自己を磨きながら人を引っ張っていくリーダーシップを発揮しているか、外部の眼にくっきり映るということだ。それが伝わってくると会社の業績もよくなっていく傾向があるようだ。

小さな認識の違いで、話が噛み合わなくなることはよくあります。大手企業に勤める人や同じ会社に長く勤めている人は、一般的には通じない専門用語を誰かれかまわず使いがちなので、とくに気をつけましょう。

「ヤレ、ヤレ」と言ったところで、本気になって働く人間はいません。大切なことは、プライドを持てる仕事をつくったり、やる気を出す環境を整えることです。当社のように人手不足の会社は多いですが、学歴にこだわらず、どんどん飛び込んできてほしいと願っています。

上場企業の経営者として評価される点は、やはりいかに利益をあげているかです。ですから、1年、2年と決めた期間の中で「いつまでにいくら」と具体的な利益の数値目標を掲げています。

私は好奇心の塊のようなもので、人生これから何年生きられるかわからないのに、知りたいことがいっぱいあって困っています。

ページの先頭へ