稲盛和夫の名言|企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

頭の中と机の上は同じ。「忙しい」「時間がない」と言っている人ほど、机の上が乱雑になっていて、あれがない、これがないと、すぐにモノを探し始めます。その時間は大きなムダです。机の上も頭の中も「シンプル」に片づけると、ムダが省けて、仕事のスピードがアップします。

帰りに立ち寄った書店や通勤電車、お風呂などでよいアイデアを思いつくことは誰でもあるはずです。それを意図的に生み出すために、私は必ず仕事のキリが悪いところで帰宅するようにしていました。すると、24時間考え続けられる態勢ができます。

いいサービスを提供してさえいれば、利益はついてくるものですから。とにかく、もっと家事代行サービスを大勢の人に使ってもらって、喜んでほしい。それが経営者としても、人間としてもまったく同じ、私の夢なんです。

想定した成果が上がっているのか、業績の向上という結果にきちんと結びついているのか。これらの点を検証することが欠かせません。そうした作業がなければ、誤りや環境の変化に応じて修正が必要になったりしても、見直しが行われません。当初の計画通りにひたすら投資を続けることになってしまいます。

独立する前に、勝算などないですし、今のような仕事をするなんて想像もしていなかったです。ただ、実際に教師を辞めたことを宣言したら周囲が動き出し、いろんな人との関係性が変わっていきました。

一般的にコールセンターはコストセンターとみなされ、少なからぬコールセンターが応対件数などにノルマを設定しています。しかしそれでは、お客様本位の応対ができない。そこで私たちはノルマなどを設けず、お客様サイドの生産性と満足度の向上を目指し、「電話がつながりやすい」「お客様が必要なだけ時間を費やす」「お客様の用件が1回の通話で完結・解決する」ことを優先課題としています。

自分で考えて調べ尽くして、その確認のためにインタビューに行くんです。会社の分析に割くエネルギーは全体の20%、周辺の業界や競合の調査が30%、残りの50%は世の中の流れ、顧客の購買行動の変化、心理動向などの調査などです。そこまでやって、投資先を決めます。

ページの先頭へ