稲盛和夫の名言|経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者を育てるには、社員に経営を経験してもらうことが一番。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は食通でもなんでもなく、一人の客として、おいしいかおいしくないかを判断します。

ワシの演説を、皆、楽しんで聞いてくれるが、じつは話に信頼感があるからだ。ここでの信頼とは何か。数字をキチンと示すことにある。数字と統計、これに優る説得力はないということだ。

現在の若い人たちを見ると、世の中に合わせて「自分を変えよう」と焦っている人が多いように思います。それが悪いことだとは言いませんが、何かを成し遂げたいことがある人は、むしろ「自分を変えないこと」に力を注ぐべきです。自分が変わらずに、周りが変わるのを待てるかどうか、そこに成功の分水嶺があるような気がします。

ご自身でいなきゃダメ! そんなことをしたら、本当の自分を偽り、本当に言いたい事を他人のお面をかぶって言うことになってしまうわ。そんなことより、ご自分にとってもっと大事なことに専念なさい。

単にいいサービスや商品を売るだけでなく、それを手に入れたお客様が、平和な満ち足りた気分になってくださるとか、安心感や納得感を獲得してくださることも非常に重要だと思います。

完ぺき主義タイプには、途中で放り投げたら周囲に迷惑がかかると注意しても通じません。このタイプは「全力を出したのに100点に満たない」という状況を最も嫌がるからです。本気でやれば100点になるという可能性を残すことで、高い自尊心を保とうとするわけです。もちろん、そのような言い訳が通用するのは本人の心の中だけです。周りからの評価は急落していることをまず自覚すべきです。

悲観的見方が最大のときこそ一番の買い時。
楽観的見方が最大のときこそ一番の売り時。

ページの先頭へ