稲盛和夫の名言|ワンマン経営ではいずれ成長が止まってしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンマン経営ではいずれ成長が止まってしまう。


稲盛和夫 の経歴

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。「京セラ」「第二電電(のちのKDDI)」創業者。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、「アメーバ経営」など独自の経営手法で同社を大きく成長させた。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催し後進の経営者育成を行った。京セラの会計についての著書『実学』がベストセラーとなった。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

威張らず、黙って話を聞くだけでモテてしまうから簡単ですよ。

自分のモチベーションの状態を自覚し、たとえば下がっていると思うのなら、親や友人と話すときでも、意識的に競争心を持つなどして、高めようと心がける。これはいわば訓練で、自覚的に続けることで、モチベーションを下げない、あるいは高いまま維持することは可能だと思います。

社長時代に人材育成が最も重要な仕事だと考え、30代、40代を対象とするビジネスリーダー選抜育成制度を始めました。卒業生はすでに300人ぐらいいます。優秀な若手・中堅をいろいろな部署から引き抜いて、勝手が違うほかの部署に投げ込み、そこで苦労し、経験を積んでもらう。できれば、失敗してもらう方がいい。間違いなく将来の糧になります。

人間年をとると、なぜ何度も同じような話をするようになるのか?未来を見なくなって、過去しかなくなるからですよ。私もいろいろな人の話を聞く機会がありますが、正直言って、自慢げな話にはうんざりする。50、60歳になっても大事なのは志。つまり、先を見続けることです。

三重県の県議会議員になった当初から、「いずれは国政に出たい」と思っていました。そして、県議の活動に力を尽くす一方、井の中の蛙になってはいけないと、東京や海外で行われる勉強会にも積極的に参加しました。

これからの目標は一日でも長く続けることです。いくら自分がやりたくても、周りが支持してくれないと、料理人の仕事は続けられません。やれることはすべてやり、成長し続けることが大切です。

新規は3割でリピーターは7割です。確かに、リフォームは頻繁にはしませんが、満足すれば親兄弟に宣伝していただけますから、潜在顧客になるのです。

情報の隠蔽は、もっとも回避すべき手段。

従来の延長線上で発想していては、成長はおろか生き残ることさえできなくなります。

日本の中小企業は、海外でのリスクを非常に恐れています。これは実体験したわけでもなく人から聞いてきたリスクが大半です。我々は「アリババのサービスを使って3年間本気で海外と付き合うために何が必要か考えるだけで全然違います」と申し上げています。自分達の商品をいくらでも載せられますし、サービスも製品も入れ替えながらどこの国で何が売れるのか調べることができます。

ページの先頭へ